外国人のカラダ

外国人に「綺麗な歯並び」と「白い歯」の人が多い理由

外国人と言えば、「歯並びの綺麗な白い歯」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

(もちろん該当しない人もいますが…)

特に外国人タレントや歌手を見ると歯並びが悪い人は少なく、みんながみんな印象的なくらいに白い歯が輝いていますよね。一般の外国人を見ても、そこまで白くはなくてもみんな整った歯並びをしていることが多いです。

日本人も芸能人であればそれなりに歯並びや歯の白さには気を使うと思いますが、なぜ外国人は一般人を含め、歯並びが綺麗で白い人が多いのか。

外国人に歯並びが綺麗で白い人が多い理由について紹介します。日本とは違った美意識があるが故に綺麗な人が多いんです。

外国人には歯が綺麗な人が多い

外国人は日本人と比べると歯並びや歯の白さを気にしている人が多い印象があります。

その理由には日本人よりも歯に対して「綺麗でなければいけない」とか「(汚いのは)エチケット違反」と考えている人が多いからです。

どこの国の人も比較的歯に対しての意識は高いですが、特に欧米やヨーロッパ諸国、アジア圏では歯に対しての意識が日本人よりも高いかもしれません。

綺麗でなければいけないと考える理由

外国人が「歯を綺麗に保たなくてはいけない」と考える理由の一つに、「見た目」を気にするという理由ももちろんありますが、それがステータスにつながると考えている人が多いからです。

特に欧米人は、綺麗な歯を持ってこそ美しい、かっこいいと見なされるだけでなく、仕事ができる、清潔感があると周りから認められることが多いと言われています。

さらに、歯が綺麗だと育ちや家柄が良いと思われたり、就職や恋愛にも多少なりとも関係している場合が多いです。

これは美容大国である韓国が就職や恋愛、結婚のために整形をするのと同じだと考えて良いでしょう。

つまり、「歯が綺麗じゃないと幸せになれない」と考えている人が多いため、日本人以上に歯並びや歯の白さには気を使っています。

実際に歯がガタガタで黄ばんでいたりすると、それを理由にまともに恋愛ができなかったり、就職できないといったこともあるようです。

もちろん、恋愛や就職に関しては「歯」だけが全てを左右しているとは言い切れませんが、歯の綺麗だと自分の自信にも繋がりますし、周りから好評価を得ることができるのは間違いなさそうです。

エチケット違反と考えられてしまう理由

単純に歯並びが悪いと虫歯になりやすいことも証明されていますが、口臭に敏感な外国人にとって、歯並びが悪いことは致命的とも言えます。

歯並びが悪いと自然と口腔ケアをしても磨き残しやケアが不十分な場所も出て、結果的に虫歯になりやすくなったり、歯が黄ばんでしまい、周りから「歯が汚い」とか「不潔」と思われてしまいイメージダウンに繋がる可能性があります。

そのため、白く歯並びが綺麗な歯を持ってこそ、「きちんと育てられている」と大人になってからみなされるので、幼い頃から歯や口臭に対する知識や歯並びに対する処置を行っている外国人は少なくありません。

外国人の歯のケア方法

日本人よりも外国人の方が比較的歯に対する意識は高いと紹介してきましたが、どのような方法で綺麗な歯を保つのでしょうか。

こちらでは、外国人が歯の白さや歯並びに対して、どのようなケアや対策をとるのか見ていきましょう。

外国人は歯並びを矯正している人が多い

そもそも外国人の歯が綺麗な理由とは、「美しさ」を生み出すおおもとである歯並びを矯正している人が多く、そういった習慣が日本よりも一般的であることが考えられます。

割合で言えば、欧米なら有名人はほぼ100%に近い割合で、一般人でも8割近くの人が矯正やホワイトニングをして歯を綺麗にしています。

中には、レーザーを使って歯茎を切り、笑った時にどれだけ素敵に見えるかを一番に考えている人もいます。

もちろん、日本でも矯正歯科や審美歯科など、歯に悩みを抱える人に対するクリニックや病院はたくさんありますし、そういった場所や治療法に興味がある人もいると思います。

しかしながら、外国のように矯正をしている人が多いわけではなく、多少歯並びが悪くても気にしない、周りも指摘しないという環境であるため、よほど気にならない限りは矯正をしてまで歯並びを直そうという人は少ない傾向にあります。

多少歯並びが悪くても日常生活に支障をきたさない程度であれば、高額な費用や時間のかかる矯正はせず、そのまま放置することも多いです。

歯列矯正やホワイトニングは一般的

外国では歯並びを直す歯列矯正や、歯を白くするホワイトニングといった歯のケアはごく一般的です。

街中を歩けば、歯列矯正をしている人は多いですし、周囲もそれを「当たり前」と思っているため、日本のように「矯正をしている人が珍しい」とか、印象的に映ることも少ないでしょう。

日本では矯正をしているのが物珍しいこともあり、幼い頃はいじめの対象になったり、変に注目を浴びることもありますが、外国人からすればそんなことよりも、矯正をしないことで将来、子供の可能性を潰す方が酷(こく)だと思われています。

ホワイトニングに関しても方法は様々ですが、黄ばみを気にしないで何もしないという人はほとんどいません。

特に欧米は「ホワイトニング大国」と言われているほど、かなり高割合でホワイトニングをやっている人が多く、日常的な口腔ケアの一環として取り入れられています。

外国人からすれば、白くピカピカの歯が当たり前で、日本人の黄ばんだ歯は「汚い」と思われていることも多いため、マイナスイメージを持たれることも少なくありません。

日本人は黄色人種であるため、歯も欧米人に比べると元々黄色味がかっていますが、だからこそ、本来ならもっとホワイトニングを頑張らなくてはいけないのかもしれません。

欧米では、歯医者でのホワイトニングのほか、自宅でのホワイトニングなど様々な方法でホワイトニングを行っていますが、歯医者でのホワイトニングは痛みもあり、歯が敏感になってしまうため、自宅でのケアを行っている人も多いです。

こういった背景には、医療制度の違いから外国では虫歯になるとかなり高額な費用がかかってしまうため、虫歯の元である歯並びの悪さに対しても、綺麗に整えておく方が断然メリットがあると考えられていると思われます。

子供のうちに矯正をすることが当たり前

外国では全体を見た時に、矯正やホワイトニングを行っている人、行ったことがある人が非常に多いという現状に加えて、矯正に関しては子供のうちから行う人も多く見られます。

特に欧米では学習塾に通わせるよりも歯列矯正を優先する人もいるくらい、優先度が高い処置となっています。

なので、子供の頃に矯正の器具をつけている子は多く、何も不思議な光景ではありません。

日本では学校の歯磨き指導などで少し歯について勉強をしたり、ケアの仕方に触れるだけですが、外国の場合、幼いうちから親がきちんと歯に対する知識を教える義務があります。

もちろん、「そうしなければいけない」という法的な意味合いはありませんが、それが「教育の一環」として周知されているため、自然と幼いうちから歯に対する知識や正しいケアの仕方がわかるんですね。

そういった背景により、親が子供に「矯正をしなさい」と言わなくても、子供が自ら「矯正をしたい」と言い出すことも珍しくありません。

歯列矯正に関しては、むしろ子供のうちは歯が未熟で動きやすいために、矯正をするのが楽だと言われています。

なので、歯列矯正が必要な歯並びだと親や子供自身が気づいたり、歯医者さんに指摘されたら、その時点から矯正を始める人が多いです。

日本よりも歯に対する意識が高く、知識もある外国では、幼いうちから歯を矯正することで「負担が少ない」「歯並びが直りやすい」と考えられていて、子供の頃から矯正をするのはそのためです。

実際、乳歯期や生え変わり期など歯がまだ成長しきっていない時期から矯正を始めると、歯が動きやすく、短い期間で歯並びが綺麗になりやすいというデータもあります。

そういった歯に関する知識が豊富なため、子供の頃から矯正をすることは理にかなっていますね。

また、日本よりも歯列矯正にかかる費用が安い国が多く、そういった背景も矯正をする人が多い理由の一つになっているのかもしれません。

大人になってからの矯正・ケア

多くの外国人は矯正をするなら子供のうちから行うことがほとんどですが、大人になってから歯並びが悪くなったり、矯正やホワイトニングなどのケアが必要だと自覚する可能性も十分にあります。

特にまだ乳歯の時期に矯正を始めると、永久歯が生えてきた時に歯並びが大きく変わってしまうこともあり、大人になってから矯正やケアをする必要がでてくる場合もあります。

実際、幼い頃に矯正をしたけど、また歯並びが悪くなってきた場合は、大人になってから再度矯正をする人もいます。

その場合は、一般的な矯正の方法を用いて、子供の頃に行った矯正と同じ方法を再度行う人もいます。

しかし、歯列矯正に関して言えば、日本ほどではありませんが、時間もお金もかかるため、そうならないために日頃から歯並びが悪くならないように努力をしている人も多いです。

具体的には、マウスピースを使って歯並びが綺麗な状態を維持する人が多く、大人になってから手軽にできる矯正の一つだと言われています。

一般的な矯正治療に使われている器具といえば、よく目にするワイヤやブラケットが多いですが、それらは一度装着すると自分で外すことができません。

一方で、マウスピースであれば食事前や人前に出る時だけ外すことが可能なので、楽にできる矯正方法の一つです。

常にマウスピースをつけている人もいれば、寝る時だけつけている人もいるなど、マウスピースの種類やそれぞれの考え方によって使い方は様々ですが、歯並びを維持するために使用している人は少なくありません。

矯正の方法

矯正の方法は日本とほぼ変わらず、子供の頃であればワイヤやブラケットといった、歯1本1本にワイヤやブラケットを装着し、固定する器具を使う場合がほとんどです。

昔はそれらが全て歯の表面に装着され、しかも銀色であったため、かなり矯正をしていることが目立ってしまっていましたが、最近では見た目ではあまり気にならない器具もできてきています。

例えば、最近では素材に金属ではなく白色のセラミックを使ったり、歯の裏側に装着するなどといった技術も発達してきているので、パッと見た限りでは矯正をしていることはあまりわからないようになりました。

さらに、歯の動きが速く、痛みも少ないセルフライゲーションブラケットといった器具も発明されたことから、より矯正に対する嫌悪感や抵抗感をなくす人が増えてきています。

外国では矯正を行うなら子供の頃からという人がほとんどですが、こういった技術が発展してきた背景があるため、子供の頃は貧しかった、矯正に対する意識が低かったという人も大人になってから矯正を始めるケースもあるようです。

そして、矯正を行うほどではないけど少し気になるところがあるといった人や、元々矯正をしていた歯が動いてきたといった場合は、先ほど紹介したマウスピースを使っている場合も多いですね。

親知らずはまとめて4本抜く

日本でも親知らずが生えてきたら抜く人が多いと思いますが、もちろん歯並びを気にする外国人はほとんどの人が抜くと言われています。

しかし、驚くのはその抜き方です。

日本では日にちを分けて1本ずつ抜くのが主流ですが、外国では全身麻酔をして4本同時に抜くのが主流だそうです。

その理由は、「親知らずは不要な歯」として捉えられているため、生えているメリットがないことから、まとめて抜いてしまうのが良しとされているのです。

親知らずには完全に生えている状態、歯茎から少し顔を覗かせている状態、横向きに生えている状態、まだ歯茎に埋まっている状態と、様々な生え方がありますが、欧米では基本的に歯茎に埋まっている状態であっても抜くことが多いです。

患者としては全身麻酔をしているので、麻酔が効いている間どんな処置が行われているのか全くわからないですし、日本のように部分麻酔をして器具の音や振動が伝わることもありません。

なので、親知らずが生えてくると言われている10代後半から20代前半くらいになると、親知らずの抜歯を考える人が増えるそうです。

一見、「この方法は危険なのでは?」と思われる人も多いかもしれませんが、外国ではその方が効率的で、逆に体に負担がないと考えられています。

実際に、親知らずを抜いた後数日は腫れや出血があるものの、一週間もすれば、健康な人ならほぼ正常な環境に戻るので、1回で4本の親知らずを抜歯するのは案外楽なのかもしれません。

日本人は親知らずが生えてきても、見えない場所なうえに、日常生活に支障がなければ抜かないという人も多いと思いますが、外国では親知らずが歯並びを左右する可能性もあるため、ほぼ100%の人が抜くと言われています。

さらに、親知らずの抜歯に関しての技術は日本よりも欧米の方が進んでいると言われているので、外国に住んでいる日本人も迷わずこの方法で親知らずを抜くそうです。

ホワイトニングの方法

外国では日本に比べてホワイトニングを行う人がとても多いですが、大きく分けて2つの方法があります。

どちらも日本でも浸透してきている方法ではありますが、外国の方が技術が高かったり、使用する道具が最新式である場合もあります。

具体的な方法として、1つは、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングです。

ホワイトニング剤を塗った後、光を照射して短時間で歯を白くする方法で、即効性はあるものの持続性はあまりないと言われています。

また、濃度が高い薬剤を使うので、痛みが生じる場合もあり、値段も1回50,000円程度からと高額です。

2つ目は、自宅で行うホームホワイトニングです。

専用のマウスピースにホワイトニング剤を塗り、はめて待つだけという簡単なものですが、オフィスホワイトニングで使われる薬剤よりも低濃度で、即効性はあまりありません。

また、1回に2時間ほどかかり、効果を感じるまでに約2週間かかるので、すぐに歯を白くしたいという人には向いていませんが、費用は5,000円からと安いです。

ホームホワイトニングで使う薬剤やキットはドラッグストアやスーパーでも手に入れることができ、誰でも簡単に始めることが可能です。

ホワイトニングに関しては、思春期〜大人になってから行う人が多いですが、特にオフィスホワイトニングは歯に負担がかかり、高額であるため、ホームホワイトニングを定期的に行っているという人が多いです。

また、オフィスホワイトニングをした後にホームホワイトニングをして白さを保つという人も少なくありません。

日本では、「ホワイトニングなんてしたことがない」という人も多い中、外国では多くの方が「一度はホワイトニングをしたことがある」と答えるほど、歯の白さに対する意識は高いです。

歯が汚いのは致命的?歯並びが悪い・汚い人への印象

外国人は歯並びの悪い人や矯正をしていない人、歯が汚い人に対してどう思うのか。

自分の歯並びの悪さや歯の黄ばみは外国人に対してどのような印象を与えるのか、これから外国人と仲良くなりたいと思っている人にとっては、気になる部分だと思います。

場合によっては、歯並びを矯正したり、ホワイトニングをする必要も出てくるかもしれませんよね。

実は、日本人は外国人から見ると、「かなり歯に対して意識が低い」と思われています。

具体的には、歯並びの悪さ、歯の黄ばみ、それに伴う口臭など、口周りに関しては「近寄りたくない」と思われるくらいイメージが悪いです。

もちろん、日本人に限らず、歯並びが悪い人や歯が汚い人に対しては、「エチケットができていない」と嫌悪感を抱きますし、もちろん、恋人同士になんかなりたくないと思わざるをえません。

中には、「美しいアジア人を見ても、歯が汚いと一発で日本人だとわかる」と言っている外国人もいるくらい、世界中から見て日本人の歯の汚さは群を抜いているようです。

幼いうちから矯正をしたり、歯に対する知識やケアの仕方を教えている外国人をもう少し見習わなくてはいけないかもしれませんね。

人によっては今からは歯並びを治すのは難しいかもしれませんが、黄ばんだ歯をホワイトニングして綺麗にすることは可能です。

外国人と仲良くなりたいのであれば、まずは歯を綺麗にすることを意識すると、印象が変わるかもしれませんね。

歯並びの悪さは(国際)恋愛にも影響する

歯並びが悪いと国際恋愛をする際に不利なのか?結論から言うと、歯並びが悪いと外国人からはイメージが悪く映ってしまいます。

中には、「日本人はおしゃれには気を使っているのに、なぜ口元には気を使わないんだ」と言われていたり、日本人の歯並びの悪さは「残念なところ」として捉えられています。

国際恋愛をする際にそれ(歯)が関係するのかというと、必ずしも=(イコール)ではありません。歯並びが悪い人とは絶対に付き合いたくないという人もいれば、歯並びが悪いのは残念だけど付き合うか付き合わないかには直接関係ないと考える人もいます。程度は人それぞれですからね。

しかし、歯並びが悪いことは外国人にとって決してプラス要素には見られないので、もし可能であれば歯並びを正し、綺麗にすると、より外国人と親密になれる可能性が高まるかもしれません。

日本人も歯並び・白い歯を意識するとモテる?

日本人は世界中から見てもかなり歯並びが悪い人が多いと言われています。

確かに、綺麗に整った歯並びを持っている人は少なく、出っ歯や受け口、歯の大きさが違う、歯茎が出ている、八重歯があるなど歯に何かしらの悩みを持っている人は少なくないでしょう。

しかし、これらは日本人同士であればそんなに気にならないかもしれませんが、外国人と恋愛をしたいという方は、嫌悪感を抱かれてしまう可能性があるので、真剣に考える必要があります。

また実際に、歯並びが悪いと虫歯になりやすい、口臭が強くなるなどのリスクもありますので、歯並びを矯正することはむしろメリットが多いと言えます。

紹介してきた通り、歯並びが悪く、歯が汚いと、外国人からは印象が悪くなってしまい、恋愛対象外にならないこともあるかもしれません。

もちろん、全ての外国人が「歯並び、歯の白さ命」というわけではありませんが、やはり歯への意識が高い人の数は日本人よりも母数が大きいと考えて良いでしょう。

日本人の残念なところに、「歯の汚さ」や「口臭」が一番に挙がっている事実もあるので、やはりもう少し歯に対する意識を変えていくと、もしかしたら外国人からモテるようになるかもしれません。

たとえ顔のパーツが整っていなくても、白く綺麗な歯並びの人はなんとなく輝いて見えるものですし、美しいですよね。

まとめ

外国人は私たちが持っているイメージ通り、歯並びが綺麗で白い人が多いです。

しかし、全員が最初からそのような歯に恵まれているわけではなく、幼い頃から歯を綺麗にする努力をしているんですね。

日本人は外国人からすると、「歯が汚い」というマイナスイメージを持たれやすいので、これから外国人と出会いたいと考えている方は、ほんの少しでもいいので歯に対しての意識を高く持ってみると良いかもしれません。

外国人と出会えるマッチングアプリ

外国人検索機能と外国人会員数の多い、外国人と出会いやすいおすすめのマッチングアプリです。今気になっている外国の方との出会いを探してみるのもおすすめです。

アイちゃん
アイちゃん
ランキングについては「外国人と出会える!マッチングアプリおすすめランキング」でさらに詳細に比較解説しているので合わせて読んでみてください。
1位:match.com(マッチドットコム)
マッチドットコム
世界5大陸、25ヶ国でサービスを展開する世界最大級の恋愛マッチングサイトで日本をはじめ海外に多くの会員が在籍しています。現在は国籍検索や出身地検索が使えなくなりましたが人種検索などから外国人を絞り込むことが可能です。この他にはない人種・瞳の色・髪の色・信仰などから検索をかけられる面白いマッチングサイトです。海外で外国人の恋人や友達を探したい人に特におすすめです。
外国人検索機能 キーワード検索、瞳の色検索、髪の色検索、人種検索、言語検索、信仰検索
外国人会員数 外国人男性:2000人以上、外国人女性:1500人以上

match.comはカウントが2000人までなので多くの外国人会員がいます

マッチドットコムの公式サイトマッチドットコムまとめ

2位:Pairs(ペアーズ)
ペアーズ
累計会員数800万人を超える日本最大級の恋愛マッチングサイトです。恋活ジャンルの中では最も名の知れたマッチングアプリかもしれません。外国人検索はザックリと海外から絞り込めたり、詳細に国名を絞れたり、かゆいところに手が届くあたりはさすがです。外国人会員数も多く、日本全国どこでも出会いの見つかる恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外+国名、居住地:海外+国名、フリーワード検索
外国人会員数 外国人男性:39500人以上、外国人女性:13500人以上

ペアーズの公式サイトペアーズまとめ

3位:with(ウィズ)
ウィズ
withはメンタリストのDaigoさん監修のマッチングアプリで、メンタリズムを活かした診断やイベントが面白く相性を重視した出会いが期待できるマッチングアプリです。ザックリとですが外国人を海外から絞り込め、フリーワードでプロフィール検索も可能な機能的にも外国人会員数的にも外国人を探しやすく出会いやすい恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外、居住地:海外、フリーワード検索(※男性有料)
外国人会員数 外国人男性:6500人以上、外国人女性:2500人以上

withの公式サイトwithまとめ