外国人との恋愛ですれ違いをなくすためには?

日本人とはちょっと風体の違う外国人と恋愛関係になることができたら、ちょっと格好がいい気がしてきます。

昔は色々な偏見もあり、外国人との結婚はなかなか認められない風潮がありましたが、時代は進み、近年では至るところで日本人と外国人が腕を組んで歩いている様子を見かけます。テレビなどでもハーフのモデルや芸能人が活躍しています。

しかし、いざお付き合いしても結婚まではなかなか難しいもの。ここでは日本人と外国人の恋愛についてまとめていきたいと思います。

外国人との恋愛を成功させるには?

日本人同士の恋愛であっても生活環境が違うと言葉や生活習慣の違いなど様々なところで違いに悩むことが出てくるものですが外国人との恋愛になると言葉も文化も全く違う環境であることから一筋縄ではいかないことも多いです。

まずは言語。
日本人同士であれば方言に若干の違いはあっても同じ日本語なのである程度理解することができます。しかし、外国人との場合は日本語と外国語という全く異なる言語であることから、まずは相手の言葉を理解し、話せるようにならなければいけません。

会話は恋をする者同士にとって相手を良く知るための大切な手段です。外国人と恋愛はしてみたいけれど、何からはじめたら良いのか分からないという人はまずは英語を覚えてみるといいでしょう。

英語は海外の標準語です。相手の国の言語が分からなくてもお互いに英語をある程度はなせればいくらかコミュニケーションをとることは可能になります。ある程度仲よくなったら相手の国の言葉を覚えると良いです。

また、外国人との出会いに英語は必要なのか?でもご紹介していますが、出会い、友達になることを考えると言葉が話せなくても平気です、まずは出会い、お互いを知っていく過程で少しずつ言葉を覚えていくようにすると良いでしょう。恋愛など密にコミュニケーションが必要になると関係を深めるためにも言葉の壁を越えていきたいところなので少しずつ勉強していくと良いでしょう。

次に問題になるのが文化や生活習慣の違いです。日本人には日本人の、外国人には外国人なりの生きてきた国の文化や習慣などがあり、それを簡単に変えることはできません。外国人と恋愛する際にはこの生活習慣の違いは非常に大きな障害になります。お互いの生活習慣や文化の違いを良く理解し、なるべく理解しあうことが大切です。

日本人と外国人。見た目も話す言葉も考え方も、最初から全く違います。それでも相手を受け入れ恋愛するには、最初から違うのだということを良く理解して、相手に無理させず、かといって自分も我慢しなくて良い方法を考えていくことが大切です。

特に日本人は男性も女性も相手に自分の気持ちをハッキリと伝えないことが美徳とされてきました。しかし、外国人は男女とも自分の意見をハッキリと言う人が多いです。お互いの文化や生活習慣の違いに納得できなければ話し合い、不安があれば質問する。

自分がどう考えているかを表面に出すことによってお互いの意見の擦り合わせができるものです。間違っても日本同士のような「言わなくても通じる」は通用しません。

ここに注意してなるべく自分を出すようにもしていくといいでしょう。
また、外国人の恋人を作るのメリットでも書いているように、こういった自己表現力・コミュニケーション能力は外国人の異性や友達と付き合うことで得られる一つのメリットでもあります。

関連記事

ページ上部へ戻る