アジア系民族の特徴・性格と見た目

同じアジア系からみれば、日本人は中国人や韓国人などを見分けることができますが、日本人が他の人種を見分けられないのと同様、他の地域の人達から見ればアジア系は見分けがつかないようです。他の地域の人達にアジア系の民族はどう映っているのでしょうか。一般的なアジア人(アジア系民族)の性格や外見的特徴についてまとめました。

アジア系民族の性格

1.控えめ

日本を中心として、アジア系の民族は他の地域の人に比べて表現が控えめです。日本人からみれば自己主張の激しい中国人でも、アメリカなどへ行けば大人しい人と見られがちです。島国や社会主義の国が多く、表現の自由が近年まで許されていなかった故の特徴です。また、話をする際にあまりジェスチャーを使わないのも控えめだと思われる要因になっています。

2.内向的

控えめという表現にも少し似ていますが、全体的に知らない人にでも声をかけるような外国人の気質からすれば、アジア系の民族の性格は内向的な面が強いです。他人との身体的、心理的距離を極端に気にし、一定の距離を保ちたいという性格もアジア系ならではです。

3.宗教の違い

全体的にキリスト教宗派やイスラム教宗派が多い外国に対して、仏教的な宗派の色濃いアジア系。仏教の教えや考え方が根強く、信仰の厚い人が多いのも特徴です。

4.家、家族をとても大切にする

仏教の教えからか、親や先祖を非常に大切にする文化のある地域です。ヨーロッパでは自分の結婚相手はいくつになっても自分で見つけることが多く、結婚することは親からの独立を表しているのに比べ、アジアではある程度の年齢になっても結婚しない場合は親が子の結婚相手を決めたり、結婚してからも結婚前の家族を大切にする風潮があります。結婚は家同士の付き合いというのはアジア系の考え方からきています。

5.体裁を非常に気にする

私は私。他の人がなんと言おうと自分が良ければ気にしないという外国人に対して、アジア人は非常に他人の目を気にして、少しでもおかしいと言われると周囲に合わせようとする傾向が強いです。

アジア系民族の見た目

1.黄色人種

他の地域と極端に違うところ、それは黄色人種の多さです。北極と赤道の丁度中間辺りにズラリと並んでいるアジアの国々は、気候などの関係などから黄色人種が多いです。南半球の赤道と南極の中間にも国はありますが、人口の多い国は少ないので、黄色人種のほとんどはアジア系と言えます。

2.髪の毛

金髪(ブロンド髪)など、様々な色の髪の毛の人種がいる海外に比べ、アジア系の民族は全体的に茶色から黒っぽい髪の色をした人が多いです。また、体毛が薄く(濃い??)、特にアジア系の女性はそういった面からセクシーで魅力的という評価を受けています。

3.顔立ち

彫りが深い顔立ち、目がくぼんでいる、鼻が高い、頬骨が高いなど、全体に凹凸の激しい外人の顔に比べ、アジア系の顔は凹凸が少なく、掘りが浅い顔立ちです。食べ物に対しての文化が外国と違うこともあってか、全体に角ばった顔の形が多く、あごが非常に発達しています。

4.スタイル

全体的に白人に比べると小柄な人が多く、体格はガッチリしています。ただし、食文化の違いからか外国のように極端に太っている人は少なく、全体的に引き締まっている印象があります。おしゃれに関してはヨーロッパ民族に比べると控えめです。今は色々な国の流行が入ってくるため、海外のファッションを真似する人も出てきていますが、全体に独特なファッションセンスを持った人が多いです。また、東洋人は農耕を中心とした生活で、西洋とは異なった文化を築き上げており、主食が穀物、また、正座をする生活が多いことから、他の国の人達に比べて脚が短いのも特徴です。

まとめ

我々日本人は同じアジア系でも何となく、中国人や韓国人、モンゴル人などを見分けることができます。しかし、日本人が他の国の人を見分けることができないのと同じように、海外の人もまたアジア系はほとんど同じように見えているようです。

関連記事

ページ上部へ戻る