各国の外国人の特徴

カンボジア人の特徴!性格と見た目

カンボジア

東南アジアのインドシナ半島南部に位置し、日本の約2分の1弱の面積を持つ国土に1500万人以上の人々が暮らすカンボジア。正式名称を「カンボジア王国」といい、数多くの遺跡が点在し、中でもアンコールワットは有名で日本人観光客にもお馴染の国ですね。

国民のほとんどが仏教徒で温和な性格の方が多い中で過去のポルポト率いるクメール・ルージュによる大虐殺の背景もあり、警戒心が強い一面を併せ持ちます。

そんな暗い歴史を抱えるカンボジアですがそこに暮らすカンボジア人はどんな性格をしているのか?性格的特徴や見た目やスタイルなどの外見的特徴をまとめました。

カンボジアと言えば

まずカンボジアと言えば「ココナッツミルク」「アジアの最貧国」「親日国家」「オルセーマーケット」「アンコールワット」や「プレアヴィヒア」などの世界遺産を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

これらはもちろん代表的ですが、一方で独立戦争や内戦を繰り返していることでも有名な国です。2000年代以降は内戦も落ち着き、経済成長率はASEAN域内でも高く、外国企業からの投資も増えるなど、経済、治安共に安定してきています。

昔は治安があまり良くなく、親日国家とはいえ、日本人が観光に行くと様々なトラブルに巻き込まれることもありましたが、現在は経済発展も目まぐるしく、平均年齢が25歳前後ととても若く、これからの発展が大いに期待できる国です。

東南アジアの中で最貧国とされるカンボジアですが、アジア全体でみると一人当たりのGDPが25カ国中24位とされており、最下位のネパールと同じくらい貧困国と言えます。

これには内戦の長期化が関係していますが、治安の改善と共に今後豊かな国へと発展する可能性は大いにあります。

こういったカンボジアという国の特徴・歴史を踏まえた上で、そこに暮らすカンボジア人はどういった特徴を持っているのか、見ていきましょう!

カンボジア人の性格

朗らかな性格の国民性

カンボジア人は基本的にいつもニコニコしていることが多く、笑顔で接すれば笑顔で応えてくれるし、困ったことがあっても笑顔で乗り切るといった朗らかな国民性を持っています。

日本人も初対面の人には基本的に笑顔で接する人が多いので、そういった面では少し日本人と似ているところがあるかもしれません。

こちらが好意を示せば好意を持って接してくれることも多いので、カンボジア人と仲良くなるためには、常に笑顔でいることを心がけると良いでしょう。

恥ずかしがり屋

日本人も基本的にシャイな人が多いですが、カンボジア人は男女問わず恥ずかしがり屋な人が多いです。

「本当は仲良くなりたいけど自分から話しかける勇気はない」というような人が多いので、こちらから挨拶をすると、無視されることはなく、ニコッと恥ずかしそうに微笑んでくれます。

基本的に「朗らかな性格の国民性」を持っている人が多いので、割とすぐに仲良くなることができると思いますが、カンボジア人から仲良くなりたいと積極的に声をかけてくれる人は少ないので、こちらからの働きかけが必要です。

細かいことは気にしない

よっぽどの大きい問題が起こらない限り、「問題ないよ」で済ませてしまうのがカンボジア人です。

「車が故障した」「水漏れしている」なんていう、日本人からすれば一大事な出来事でも、カンボジアの言葉で「オッパニャハー(問題ないよ)」という一言で済まされることが多々あります。

アイちゃん
アイちゃん
「オッパニャハー」ってもう語感が最高ですよね。声に出すとつい笑顔になってしまいます。

日本人は割と問題が起きると神経質になりがちで、場合によってはパニックになってしまう人も多いですが、カンボジア人は基本的に何が起きても動じないことが多いです。

逆に、そんな寛大なカンボジア人が「やめておいた方が良い」と言っていることに関しては、本当に笑って済まされないことである場合が多いので、注意してください。

お昼寝が大好きでちょっと怠け癖あり

暑い国に住んでいるからか、昼間少しでも時間ができるとお昼寝をする人が多いです。

家にいても、学校でも、仕事中でもどこでも関係なく、暇さえあればお昼寝をする人をよく見かけます。

時間や場所は問わず、中にはトラックの荷台で寝たり、木にハンモックをぶら下げて寝ている人もいます。

カンボジア人は日本人ほど勤勉ではなく、むしろ怠け癖があるので、自分達が生活できるお金さえ貯まれば、あとはそんなに頑張らなくて良いと思っているようです。

プライドが高い

穏やかな性格をしている人が多いカンボジアですが、人に注意されたり、人前で文句を言われたりすることに関しては、怒りをあらわにします。

なのでビジネスシーンでは経営者がこのカンボジア人の性格に悩んでいる人が多く、無断欠勤や遅刻をしても怒ると逆ギレしてくるので注意できないそうです。

さらに、怒られたくないが故に嘘をついたり、わかってないのに「わかった」と適当に返事をしたりして、余計に怒りを買ってしまうことがあります。

デリケートなこともすぐに聞いてくる

日本人であれば、基本的に年齢や仕事、お金や家族、体の話題など、人に聞かれて嫌なことは相手にも聞かないようにしていると思います。流行語を使うと「忖度」しているわけです。空気を読んでいるわけですね。

もちろん、仲良くなれば話は別ですが、カンボジア人の場合は初対面でもおかまいなくデリケートな話題、センシティブな話題を振ってきます。

例えば、「何歳?」「彼氏はいるの?」「結婚しているの?」など日本人なら初対面ではあまり聞かないような内容でもすぐに聞いてきますが、カンボジアではこのような光景は当たり前です。

特に恋愛の話は大好きなので、カンボジア人と腹を割って恋愛トークができるようになると、すぐに親密度が深まるでしょう。

政治的な話が嫌い

カンボジアという国は、昔から内戦が続いており、今でこそ落ち着いたものの、その内戦によって家族や恋人を失ったという方も多くいます。

特に、ポルポトによる大虐殺の際には、たくさんの罪のない人々が殺害され、平均寿命も28歳とかなり落ち込んでしまいました。

そんな暗黒の背景から、基本的に政治の話をするのが好きという人は少なく、心の傷が癒えていない人も多いため、カンボジア人に政治の話や昔の暗黒時代を思い出させるような話はしない方が賢明です。

男性は浮気性の人が多い

カンボジア人の男性は浮気性の人が多く、旦那が愛人を作って出て行ったなどといった日本では批判されるような話も日常茶飯事です。

しかも、働いてお金を稼ぐことがそんなに好きではないので、愛人はいるけど働かないなんていう男性も多く、昼間から昼寝をしてお酒を飲み、ダラダラしている人も少なくありません。

そういった男性を見て育ってきた女性は、反動からか家庭を守る力がとても強く、結婚してもフルタイムで仕事をしたり、男性が怠けていたら叱咤激励をするなど、女性の方が権力が強い(かかあ天下的な)家庭も多いです。

カンボジア人の見た目やスタイル

丸顔

日本人も世界的に見れば丸顔の人が多いですが、カンボジア人はさらに丸顔の人が多いです。

丸いのは輪郭だけではなく、目は丸くクリクリとしていて、唇は分厚い人が多いのが特徴です。

鼻に関してもスーッと鼻筋が通っている人は少なく、比較的丸っこい鼻を持っている人が多いです。

全体的にパーツも含め丸々とした特徴のある顔の人が多いです。

くせ毛の人が多い

日本人は直毛であったり、ストレートの髪質を持っている人が多いですが、カンボジア人はくせ毛の人が多いです。

いわゆる「天然パーマ」の人が多く、髪の毛はチリチリとしていますが若者の中にはその髪質が嫌でストレートパーマをかける人もいるようです。

髪の色は比較的黒に近く、日本人と似ています。

浅黒い肌

カンボジアは隣接しているタイやベトナムと同じように赤道に近い場所に位置しているので、一年を通じてとても暑いです。

紫外線が1年中降り注ぐので、必然的に日焼けをした浅黒い肌をしている人が多いと言えるでしょう。

しかし、日本人と同じ黄色人種なので本来は私達と同じ肌色をしている人がほとんどです。日焼けが落ち着くとよく似た肌の色で親近感が湧くかもしれません。

カンボジアの特徴的な習慣

カンボジア人の特徴的な習慣にはどのようなものがあるのでしょうか。もしかすると私達日本人とは全く違った習慣を持っているかもしれませんね。

早くに結婚する

日本では近年「晩婚化」が問題になっていますが、カンボジアでは逆に10代後半から20代前半で結婚をするのが当たり前です。

その理由は、将来自分が年老いた時に面倒を見てもらえるように早くに子供をたくさん作っておきたいからだそうです。

日本ではそのくらいの年代ではまだまだ遊び盛りで結婚の「け」の文字も頭に浮かばない方がほとんどだと思うので、国民性の違いを感じますね。

また、子供は多ければ多いほど良いという考えの人が多いので、5、6人はごく当たり前で10人以上という家庭も決して珍しくないようです。

やはりこういった早くに結婚し、子孫を残さなくてはいけないという本能は、長く続いた内戦の影響も大いにあると考えられます。

内戦ではたくさんの人が命を落としましたが、そういった背景があるので、少しでも早く自分の子孫を残して、家系を続かせたいという本能なのかもしれません。

そして、カンボジア人の平均寿命は60歳前後と日本に比べると短命だと言えます。

平均寿命が短い理由は、腸チフス、デング熱、A型肝炎、マラリアのような致命的な伝染病が蔓延している上、確かな技術を持った医者が少ない、医療設備が十分ではない地域があるからです。

それ故に、必然的にカンボジア人にとって生涯最大の幸せと言っても過言ではない結婚を早くにしてしまいたいという気持ちが強いのかもしれませんね。

幼い子供を一人で外出させる

私達日本人の場合は、子供が小学校に上がるくらいまでは一人で遊びに行かせることは少ないと思います。

あったとしても、目の届く範囲であったり、携帯・スマホなどを持たせて常に子供の身の安全を確保しておくのが普通ですが、カンボジア人は歩き出してすぐくらいから子供に一人で外遊びをさせるケースも少なくないようです。

その背景には、子供がたくさんいるため周りに面倒を見てくれるお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるなどと言った理由が考えられます。

一人で外に遊びに行かせる際に、お小遣いのようにお金を持たせる家庭が多く、子供がワガママを言えばすぐに小銭を渡すといった光景は日本ではあまり考えられないですね。

子供はパンツを履かない

赤ちゃんの頃はオムツをして育つのが普通ですが、カンボジアではそのような習慣はなく、赤ちゃんでも5、6歳になってもパンツすら履かないのが当たり前となっています。

まだ排泄機能が整っていない赤ちゃんであれば、おもらしやおねしょをするのは当たり前ですが、それを見ても大人は何気ない顔でサーっとその辺にある布や服で吹いて終わりです。

この習慣のせいか、大人になっても男性は地面であればどこでも用を足す人が多いです。

交通ルールは特にない

カンボジアといえば「トゥクトゥク」、近年は「バイクタクシー」が有名ですが実はそれを規制するためのハッキリと決まった交通ルールがあまりありません。

みんな好きなように運転し、信号無視も当たり前で道はいつも混雑しています。

前に車やバイクが並んでいようと、割り込みや追い越し、追い抜きなんていうことも日常茶飯事です。

また、カンボジア人がよく移動手段として使う原付ですが、一人で乗ることは少なく、大体が二人乗り、まれに3、4人で乗っている風景も見かけます。

日本では考えられないことですが、交通ルールがきちんと定められていないため、その状況を注意する人もいませんし、カンボジア人にとっては当たり前のことになっています。

カンボジア人の有名人や芸能人

カンボジア人の有名人やカンボジアと関わりの深い人にはどんな人がいるのか。カンボジア人を知る上で参考になる有名人やカンボジア人ハーフの芸能人を紹介します。

カンボジア人ハーフの女性タレント「護あさな」さん

ハーフタレントのブームが続く日本ですが、カンボジア人と日本人のハーフにはグラビアアイドル出身の護あさなさんがいます。

身長は171cmとモデル体型で、スッキリとした美人顔で有名になり、テレビCMにも出演経験があります。

ハーフタレントではありますがほぼ日本人に近い顔つきなので知名度はそこまで高くないのかもしれません。

ハイン・S・ニョール

元々はカンボジアで産婦人科医、軍医として働いていましたがクメール・ルージュに捕らえられ4年もの間強制労働と拷問に耐えていました。

その後、カンボジアを脱出しアメリカ合衆国に移住した際に、カンボジア内戦に関する映画を制作中のキャスティング・ディレクターに見出され、代表作「キリング・フィールド」に出演しました。

ポル・ポト

カンボジア内戦に大きく関係している人物であり、カンボジアの政権を握っていた人物です。

過激な共産主義者で、知識人、医者、職人、教師といった知識、技術を持つ者を「平等な社会へ悪い影響を与える」として、大虐殺しました。

政権を握ってわずか4年間で300万人以上ものカンボジア人を殺害したと言われる驚異の人物で、未だに身内が虐殺されたなど、心の傷が癒えていない人も多いです。

今のカンボジア人に強い影響を与えた人物と言えるかもしれません。

まとめ

カンボジアという国は、内戦が繰り広げられ、特にポル・ポト政権時代には大量のカンボジア人が命を落としました。

しかし、そんな暗い背景があるにも関わらず、もともと穏やかでのんびりした国民性のカンボジアは、世界遺産なども豊富で一度は訪れてみたい国ですね。

日本人と見た目が近いことからも一度出会い打ち解けるときっと仲良くなれることでしょう。

外国人と出会えるマッチングアプリ

外国人検索機能と外国人会員数の多い、外国人と出会いやすいおすすめのマッチングアプリです。今気になっている外国の方との出会いを探してみるのもおすすめです。

アイちゃん
アイちゃん
ランキングについては「外国人と出会える!マッチングアプリおすすめランキング」でさらに詳細に比較解説しているので合わせて読んでみてください。
1位:Pairs(ペアーズ)
ペアーズ
累計会員数800万人を超える日本最大級の恋愛マッチングサイトです。恋活ジャンルの中では最も名の知れたマッチングアプリかもしれません。外国人検索はザックリと海外から絞り込めたり、詳細に国名を絞れたり、かゆいところに手が届くあたりはさすがです。外国人会員数も多く、日本全国どこでも出会いの見つかる恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外+国名、居住地:海外+国名、フリーワード検索
外国人会員数 外国人男性:35500人以上、外国人女性:12000人以上

ペアーズの公式サイトペアーズまとめ

2位:with(ウィズ)
ウィズ
withはメンタリストのDaigoさん監修のマッチングアプリで、メンタリズムを活かした診断やイベントが面白く相性を重視した出会いが期待できるマッチングアプリです。ザックリとですが外国人を海外から絞り込め、フリーワードでプロフィール検索も可能な機能的にも外国人会員数的にも外国人を探しやすく出会いやすい恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外、居住地:海外、フリーワード検索(※男性有料)
外国人会員数 外国人男性:5500人以上、外国人女性:2000人以上

withの公式サイトwithまとめ

3位:match.com(マッチドットコム)
マッチドットコム
世界5大陸、25ヶ国でサービスを展開する世界最大級の恋愛マッチングサイトで日本をはじめ海外に多くの会員が在籍しています。現在は国籍検索や出身地検索が使えなくなりましたが人種検索などから外国人を絞り込むことが可能です。この他にはない人種・瞳の色・髪の色・信仰などから検索をかけられる面白いマッチングサイトです。海外で外国人の恋人や友達を探したい人に特におすすめです。
外国人検索機能 キーワード検索、瞳の色検索、髪の色検索、人種検索、言語検索、信仰検索
外国人会員数 外国人男性:2000人以上、外国人女性:1500人以上

match.comはカウントが2000人までなので多くの外国人会員がいます

マッチドットコムの公式サイトマッチドットコムまとめ