各国の外国人の特徴

チェコ人の特徴(性格・見た目・恋愛観)と出会いの方法

チェコ

ヨーロッパのほぼ中心に位置するチェコは首都をプラハに置く、ヨーロッパ連合加盟国の一つです。日本からの直行便もなく、まだまだあまり知られていない国ですが、実は街全体がユネスコ世界遺産に登録されるような美しい街並みを全国各地で見ることができる国でもあります。

そんな美しい国チェコに暮らすチェコ人の特徴や国民性について紹介します。一つの傾向としてお楽しみください。

チェコとはどんな国?チェコと言えば?

まずはチェコ人を知る上で参考になるチェコ人を形成するチェコという国について見ていきましょう。

地理情報

国内に海はなく、周囲をドイツ、オーストリア、スロバキア、ポーランドに囲まれた内陸の国です。緯度は日本の北海道よりも北になりますが、冬でも氷点下5℃を下回ることは少なく、冬が厳しすぎる…というわけではありません。

逆に夏は日本に比べて比較的涼しく過ごしやすい日が多いので、観光には最も適した時期かもしれません。

歴史的背景

もともとこの辺りは古代にはケルト人やゲルマン人など色々な民族が行きかう土地でしたが、6世紀頃までにはスラブ系民族の国家が成立(これが今のチェコ人の直接の祖先だと言われています)。

しかし、その後この地の西側(後のチェコ側)をフランク王国が、東・南側(後のスロバキア側)をオーストリア・ハンガリー(ハプスブルグ家ら)が支配を開始、結果同じ民族が別々の国家に属する状態が1000年近く続きます。

20世紀初頭に入り、第一次世界大戦における宗主国の敗戦により、チェコとスロバキアは再度ともに民主主義共和国を設立しますが、長年かけて形成された両国の文化は大きく異なり、また経済発展にも大きく差があったことから、国内でも格差が拡大。

一時はソ連の圧力の元、社会主義体制も進みましたが、「プラハの春」、「チェコ事件」と呼ばれる政治的な運動を経て、90年代には民主化に成功、その直後に再び、チェコとスロバキアとしてそれぞれの国家を成立させました。

世界遺産に登録された美しい街並み

チェコは、古くから神聖ローマ帝国をはじめ、様々な国の都として栄えました。これにより美しい街並みが各地で整備され、2018年現在、国内12か所が世界遺産として登録されています。

中でも首都プラハは1000年の歴史を持ち、様々なヨーロッパ建築の変遷をみることができる珍しい都市だと言われています。

ビール大国

ビールと言えば日本人なら真っ先にドイツを思い浮かべそうですが、実は世界一ビールの消費が多いのは、チェコです。

実際に、ドイツ人も一目置くほどチェコのビールは良質の物が多く、加えてかなり安価に売られていることも特徴です。

現在ビールの種類としてその名を呼ばれ、日本でも大人気のピルスナーですが、これはもともとチェコのピルゼン地方で醸造されたビールを差す言葉であったと言われています。

また赤いラベルでお馴染みのバドワイザー(アメリカ産)も、実は元はチェコで1,2を争うと言われる超有名ビール・ヴドヴァイゼルからその名前を拝借、最近まで著作権に関して訴訟問題に発展していました。

ビールに必要な麦とホップ、そして良質な水だけを使用したチェコビールは、今や世界が認めるナンバーワンなんです。


90年代まで様々な国の影響を受けながら、独自の文化を築き上げて来たチェコは、旅行に行けば誰もがその美しさに魅了されると言われています。

そんな美しい街並みで暮らすチェコ人の特徴や国民性を見ていきましょう。

チェコ人の性格

美しい中世の街並みやビールの産地として知られるチェコ、そこに住むチェコ人たちは、一体どういう人たちなのか?チェコ人の性格に関する特徴を見ていきましょう。

クールな人が多い

西スラブ系の人種の特徴ともいえるかもしれませんが、実にクールな人が多いことが一番の特徴です。

クールと言っても、同じスラブ系に属するロシアなどの東スラブ系とは少し違い、物静かに「一歩下がって状況をみる」と言ったような、冷静な人が多いと言った印象を受けます。

顔つきもクールな面持ちの美男美女が多いので、私たち日本人からするとなおさらかもしれません。

あまり多くは語らずとも、仲良くなるととても友人や家族を大切にする親切な人たちなので、こちらから積極的にアプローチをかけてみましょう。

シャイな一面

初対面から大胆にハグして笑顔であいさつ、というような南の人たちとは打って変わり、チェコ人は声をかけられたら手短に返す、そんな人が多いです。

クールな性格に加え、時には「シャイなのかな?」と思わせる人も実は多いのも、チェコ人の特徴と言えます。

あまり面識のない人たちが集まる場ではことさら目立つことが少ないチェコ人ですが、話しかけてみると、少しはにかむ様子を見せる女性は少なくありません。

こういうところは北欧や東欧諸国一部にも共通しているほか、日本人とも少し似通った部分かもしれませんね。

ビールを飲むと実に陽気に

学校や会社では物静かでクールに過ごしているチェコ人も、お酒が入ると実に陽気になります。さすがビールの消費量世界一の国、男性も女性も遺伝的にアルコールに強い人が多く、またお酒を飲む時間を思い切り楽しんでいるように思えます。

パブやバーでは、世界一のチェコビールをゆっくり味わいつつ、友人らと楽しそうに会話を楽しむチェコ人らの姿が見られます。

もし身近になかなか打ち解けられないチェコ人が居たら、おいしいビールを飲みに誘ってみるのもいいかもしれませんね。

個人主義

ヨーロッパ全域でも言えそうですが、チェコでも個人、ひいては家族単位が尊重される傾向にあります。

会社や友人間でも「あなたはどう思うの?」と意見を聞かれることが多いですし、周囲の流れや意見を押し付けられるように感じることは少ないです。

会社では仕事とプライベートははっきり区別され、社員の長期休暇や年休もしっかり保障されることが多く、休日は家族とゆっくりした時間を過ごすことができます。


歴史的にあらゆる人種や社会が混ざり合い、性格的特徴からもあらゆるヨーロッパ周辺国の影響を受けていることがわかります。もちろん個人差はありますが、チェコ人の性格(ステレオタイプ)として参考にしてみてください。

チェコ人の恋愛観・結婚観

ややクールでシャイな一面を持つチェコ人たちは、一体どのような恋愛をするのか。チェコ人の恋愛観を結婚観も含めまとめていきます。

時間をかけてお互いを知り合うことを好む人が多い

若い人たちには出会い系アプリやナンパから交際に発展することはあるかもしれませんが、多くのチェコ人は学校や会社、友人の知り合いなどの紹介を経て、じっくり時間をかけてパートナーを探していくことを好みます。

シャイさも加わり、初対面でいきなり親密な距離感になるというより、時間をかけて相手との関係を築いていく人が多いです。

やや奥手にも思えるところですが、日本人の「清純な恋愛」を良しとする部分と少し共通するところかもしれませんね。

軽い付き合いを好まない

上に書いたことと少し共通するところですが、ナンパやクラブなどで知り合ってそのままベッドイン、などと言った関係はなかなか好まれません。

付き合うまでに長い時間をかけてプラトニックな恋愛を楽しむ傾向にあるチェコ人は、ワンナイトラブから割り切った身体だけの関係になることはあっても、そこから深い恋愛関係にいくことは少ないようです。

知り合ったチェコ人となかなか次に進めないということがあっても、それはあなたが大切にされている証拠かもしれません。

結ばれた相手をいつまでも大切にする

結婚する・しないに関わらず、チェコ人はパートナーをとても大切にします。日本人によく聞かれる「(悪い意味で)お互いに慣れてきた時期」ということはありません。

いつまでもパートナーを一番に想いますし、またそのためには自分をもっと磨き続ける努力もしています。

これは結婚して子供が生まれても同様で、女性はいつまでも男性にとって魅力的な女性であり続けるようにオシャレを欠かさず、男性は記念日にはプレゼントや花を贈ります。

アイちゃん
アイちゃん
年を重ねてもお互いを思い合う関係は、とても素敵ですよね。

結婚後は家庭を優先してくれる

家庭やプライベートを優先する流れが社会全体にあるので、家族のための時間を取りやすいです。

残業や休日出勤はまれで、休日はしっかり家族のために時間を使います。

両親が共働きになる家庭も増えているチェコですが、一家団欒(だんらん)で過ごすことのできる時間は日本よりはるかに多いと言えます。


じっくりお互いを知り、気の合う相手と長い関係を築き上げる、我々日本人の感覚でも、とても素敵な関係ですよね。チェコ人の恋愛観の傾向として参考にしてみてください。

チェコ人の見た目とスタイル

違う部族同士の混血が進んだ地域では美男美女が多いと言われていますが、ここチェコもそんな国の一つです。

民族的には西スラブ系の人種とされていますが、歴史的にオーストリアやドイツの支配も長く、ゲルマン人の影響もかなり受けていますので、人によりかなり違う印象を受けることもあるのがチェコ人です。

そんなチェコ人の見た目やスタイルについて見ていきましょう。

美男美女が多い

冒頭でも書きましたが、とにかくチェコ人は美男美女が多いです。スラブ系とゲルマン系が混じったハーフ特有のエキゾティックな顔立ちは、男性にも女性にも共通しています。

整った顔立ちと、印象的な大きな目は多くのチェコ人にみられるところですが、人によって家族背景が異なることもしばしばで、実に多くのダイバーシティを持ちながらそれぞれが個性的に美しいということもまた特徴と言えそうです。

やや暗めの茶色い髪と瞳

西スラブ系の特徴を受けてかと思われますが、全体的に茶色の髪と瞳を持つ人が多いです。同じ西スラブのクロアチアやスロバキアなども同様ですね。

ただし過去には長くオーストリアやハンガリーが、近代にはドイツが直接支配した過去もあることから、ゲルマン人のような金髪・青い目のチェコ人もたくさんいます。割合的に、やや茶色の方が多いかな、と言った程度でしょう。

モデルのようなスタイル

スラブ人(地域がかなり広いですが)と言えば、世界的にもモデルを多く輩出している人種で、総じて、顔が小さく、背が高く、スタイルがよい人が多いです。

ただ体系が細いというだけでは無く、健康的にスラッとした体型の人が好まれるので、体型維持のためにトレーニングをしている女性も多いのだとか。

ただし、ビール文化、加えて肉料理中心の生活でもあるので、中年層になってくるとややお腹のサイズが気になる人が多いのも特徴です。

スロバキア人との違い

歴史的に離れたり一緒になったりを繰り返しているチェコとスロバキアですが、90年代の独立を経て、現在は別の国として存在しています。

ただし民族的にはかなり共通していることも多く、見た目もかなり類似していると言えます。

チェコの方がドイツ寄りにあることから、わずかにチェコの方がゲルマン系の影響を受けたと思われる顔立ち(肌が白め、金髪、青い目、など)の人種が多いです。


美男美女が多いチェコですが、美しい国に住む美男美女と聞くと、ますます魅力的に思えてきますよね。

チェコ人やチェコハーフの有名人・芸能人

身の回りではあまり馴染みのないチェコ人ですが、過去から現在まで実に多くのチェコ人が世界で活躍しています。ここでは、その一部の方を紹介します。

フランツ・カフカ

ユダヤ系・プラハ出身の作家です。もともと作品は彼の母語であるドイツ語(チェコ語は学校で第二言語として習得)で書かれていますが、その著書は世界で多数翻訳され、日本語でもその多くを読むことができます。

世界中で数々の作家に影響を与えており、日本で毎回新作が話題になる村上春樹もその一人だと言われています。

40歳という若さで結核にて病死したと言われていますが、晩年までに出版された本は7冊、そして彼の死後にも生前に書かれた物語が友人の手によって出版され、その多くが世界的に大ヒットしました。

今では、20世紀文学を代表する1人として数えられています。

タタナ・クハロヴァ

2006年度にチェコ初のミスワールドを選ばれたモデルです。

身長175cm、チェコ人らしい健康的なスラッとした抜群のスタイルと、美しい金髪・青い目を武器に、なんと高校生の時にこの世界的なタイトルを授賞しています。

出生はチェコスロバキア(現在のスロヴァキア側)となっていますが、その後チェコの国籍を取得、現在はモデル業を中心に俳優、ダンサーなどあらゆる場面で活躍しています。

オスカー・シンドラー

チェコ生まれの実業家です。第二次世界大戦中、1000人を超えるユダヤ人の命が彼によって救われ、「シンドラーのリスト」としても映画化されました。

彼はもともとチェコのドイツ側に身を置き、一時はナチ党員としても働いていました。その後ドイツの軍事工場の経営・拡大のために、ただ「安い労働力」としてユダヤ人の雇用を始めたに過ぎませんでしたが、その目的が徐々に「ユダヤ人救済のために」と変わって行ったと言われています。

この映画からも、第二次世界大戦時にはドイツやソビエト軍、そして多くのユダヤ人を巻き込み、このチェコ周辺があらゆる混乱に身を置かざるを得なかったという状況がよくわかります。

ダニエル・スワロフスキー

旧オーストリア領、現在のチェコのボヘミア地方出身のクリスタル職人です。デパートや免税店でもお馴染みのクリスタル・ガラスのスワロフスキーの創業者です。

1895年にオーストリアのチロル地方で創業以来、ヴェルサイユ宮殿や数々の有名なオペラ劇場のシャンデリアなどの装飾品を手掛け、現在ではチェコ・オーストリアを代表するガラス加工の会社に発展させました。日本でも、多くの有名人やハローキティなどがコラボレーションし、話題になりましたね。


残念ながら日本人とチェコ人のハーフで現在タレントなどで活躍されている方を見つけることはできませんでしたが、チェコ発の有名人や偉人は歴史的にもたくさんいることがわかりますね。

チェコ人を知る上での参考にしてみてください。

チェコ人と出会う方法

クールでシャイ、それでいてお酒を飲むと陽気になるところなんてとても日本人的で親近感が湧いた人も多いのではないでしょうか。

また、恋愛においても時間をかけて一人の人と真剣に付き合う様はどことなく日本人との恋愛にマッチしているような気がしますよね。

チェコ人との出会いは我々日本人にとって良いものになりそうですね。そんなどことなく気が合いそうな気質を持つチェコ人と知り合ってみたい、友達になりたい、恋人として付き合ってみたいと思った方はチェコ人との出会いを探してみるのも良いかもしれません。

チェコ人をはじめとする世界各国の外国人との出会い方(出会いの方法)については、当サイト(外国人出会い隊)で色々な方法を紹介しています。

横スクロールできます

マッチングアプリ 英会話 シェアハウス ワーホリ 国際交流会 ナンパ 婚活パーティー
主な目的 出会い 勉強 生活 色々 交流 出会い 出会い
費用(年間) 2~3万円前後 10~30万円前後 100万円前後 50万円前後+α 5千~1万円前後 0円 5千~1万円前後
メリット 気軽に出会える 英語を学べる 共同生活 語学・生活・出会いなどすべての可能性がある 気軽に出会える 気軽に出会える
お金がかからない
真剣な出会い
デメリット 詐欺などの危険性 勉強が主な目的になる 狭いコミュニティ内での出会い とにかく時間が必要 次に繋がりにくい 勇気・度胸が必要 遊び目的の人もいる
出会いやすさ ◎ △ △ ◎ ○ ○ ◎
手軽さ ◎ ○ △ × ○ ◎ ○

それぞれの出会いによって、また、人によって出会いやすさは異なりますが、この中でも日本にいながら、そして自宅にいながらでもチェコ人との接点を持てる可能性のある方法として当サイトではマッチングアプリをおすすめしています。

使うマッチングアプリによってはチェコ人のみを絞り込み検索にかけることもできるので、参考にしつつ、ぜひ活用してみてください。

おすすめのアプリは後述していますが自身でしっかり検討し、選びたいときは外国人との出会いに特化し、検索機能や外国人会員数を徹底調査した外国人と出会いやすいマッチングアプリを紹介しているので以下を参考にして下さい。

あわせて読みたい
外国人と出会えるマッチングアプリおすすめランキング
日本で外国人と出会える!マッチングアプリおすすめランキング【2019年版】外国人を探しやすく出会いやすいマッチングアプリをアプリ・サイトの特徴や機能から比較し、ランキングとしてまとめました。ランキングと一緒に比較表や迷ったときのマッチングアプリの選び方を紹介しています。恋活・婚活・海外製などジャンル分けもしているのでマッチングアプリ選びの参考にして下さい。...

その他、初めから対面での出会いを重視したい人は「国際交流パーティー」「婚活パーティー」に参加してみるのもおすすめです。

特に婚活パーティーは恋愛や異性との出会いを目的とした人に出会える場所なのでお互いの目的がマッチしており、気が合う人と出会えれば恋愛にも発展しやすくなります。

外国人との出会いを目的としたパーティーを開催している婚活パーティーもあるのでぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
婚活パーティー・お見合いパーティー
外国人と出会える婚活・お見合いパーティー特集!おすすめの婚活アプリ・サイトは?お見合いパーティーや婚活イベントで外国人と出会えるのか?ネット婚活とは違い直接顔を見合わせて出会えるお見合いパーティーで外国人と出会う方法やコツ、外国人と出会えるおすすめの婚活パーティーや婚活イベントに参加できるおすすめの婚活サイト・婚活アプリを紹介します。...
外国人と出会えるマッチングアプリ

外国人検索機能と外国人会員数の多い、外国人と出会いやすいおすすめのマッチングアプリです。今気になっている外国の方との出会いを探してみるのもおすすめです。

アイちゃん
アイちゃん
ランキングについては「外国人と出会える!マッチングアプリおすすめランキング」でさらに詳細に比較解説しているので合わせて読んでみてください。
1位:match.com(マッチドットコム)
マッチドットコム
世界5大陸、25ヶ国でサービスを展開する世界最大級の恋愛マッチングサイトで日本をはじめ海外に多くの会員が在籍しています。現在は国籍検索や出身地検索が使えなくなりましたが人種検索などから外国人を絞り込むことが可能です。この他にはない人種・瞳の色・髪の色・信仰などから検索をかけられる面白いマッチングサイトです。海外で外国人の恋人や友達を探したい人に特におすすめです。
外国人検索機能 キーワード検索、瞳の色検索、髪の色検索、人種検索、言語検索、信仰検索
外国人会員数 外国人男性:2000人以上、外国人女性:1500人以上

match.comはカウントが2000人までなので多くの外国人会員がいます

マッチドットコムの公式サイトマッチドットコムまとめ

2位:Pairs(ペアーズ)
ペアーズ
累計会員数800万人を超える日本最大級の恋愛マッチングサイトです。恋活ジャンルの中では最も名の知れたマッチングアプリかもしれません。外国人検索はザックリと海外から絞り込めたり、詳細に国名を絞れたり、かゆいところに手が届くあたりはさすがです。外国人会員数も多く、日本全国どこでも出会いの見つかる恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外+国名、居住地:海外+国名、フリーワード検索
外国人会員数 外国人男性:39500人以上、外国人女性:13500人以上

ペアーズの公式サイトペアーズまとめ

3位:with(ウィズ)
ウィズ
withはメンタリストのDaigoさん監修のマッチングアプリで、メンタリズムを活かした診断やイベントが面白く相性を重視した出会いが期待できるマッチングアプリです。ザックリとですが外国人を海外から絞り込め、フリーワードでプロフィール検索も可能な機能的にも外国人会員数的にも外国人を探しやすく出会いやすい恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外、居住地:海外、フリーワード検索(※男性有料)
外国人会員数 外国人男性:6500人以上、外国人女性:2500人以上

withの公式サイトwithまとめ