外国人の友達の作り方!仲良くなるには?コツと方法を紹介!

外国人と出会い、交流を深めていくときにどうやって仲良くなっていけばいいのか?そんな国際交流の場面での外国人との接し方のコツをまとめました。

以下の点を意識して、交流していけば少しずつ関係は深まっていくでしょう。

接し方・交流のコツ

自分らしさを持つ

外国人と言えば自己主張がしっかりできる人が多いというイメージを持つ人も多いと思います。逆に日本人はお国柄もありますが周りとの協調性を重視する人が多いです。周りを尊重できるというのは良いことですが、あまりに自分を消し過ぎることは外国人から見ると個性がないように感じることがあるようです。

日本人らしさは大切にしつつ、自分の意見はしっかり持ち、主張・尊重のバランスをうまく取ると良いでしょう。

積極性を持つ

そもそもですが、外国人と友達・恋人になったり、関係を深めていくには積極的になる必要があります。自分から声をかけ、交流する意志を示すことが大切です。日本は失敗に厳しい社会的風潮も強く、なかなかはじめの一歩を踏み出せない人も多いです。

しかし、それでは国際交流はできません。積極性を持ち、行動力を発揮していくことは友達作り、恋人作りに重要です。特にゆくゆくは異性と交際したい、付き合いたいという方は積極的に動いていくことが大切です。

明るく笑顔で接する

笑顔は最強のコミュニケーションスキルとも言えます。経験も技術も必要なく、誰にだってできることです。そして、世界共通の意味を持つものです。笑顔は明るい印象・好印象を与えるので笑顔で接していくのも一つのコツです。ブスッとしたしかめっ面、怒った表情、無表情は相手を遠ざけてしまいます。

あいさつ

何事もまずは挨拶からです。親しき仲にも礼儀あり、挨拶はコミュニケーションの起点になります。英語なんてできなくても挨拶くらいならできるはずです。毎日あいさつを交わすだけでも次第にお互いが意識し出し、交流が始まることもあります。挨拶はキッカケ作りにも良いです。

心を開く

外国人の方と仲良くなるために一番大切なことはあなたから心を開くことです。友達になりたい、外国人と交流したい。そういった交流の意思表示をすることで相手も応えてくれます。これは積極性にも繋がる部分ですが、自分から心を開くことで相手も心の扉を開いてくれます。

友達になりたいと思い思われるような人間になりましょう。

日本的でいい部分と日本的じゃダメな部分

ここまで紹介してきたことは日本の文化的な背景もあって、日本人にとっては苦手とする人が多い部分もあると思います。でも、異国の人は日本人と交流したいと考えたとき、日本人らしさを好きでいてくれる人も多いです。例えば、日本人特有の奥ゆかしさ、気遣い、優しさ、こういった日本人らしいおもてなしの心と言うのは喜ばれるものです。

無理に外国人と友達になるために自分を偽っても続きません。メッキはいつか剝がれます。人には一人一人個性はあるものです。ありのままの自分+積極性を持って行動していくといいでしょう。

まとめ

まずはここで紹介した5点を意識して、最初の一声をかけ、そこから会話を重ねていくと良いでしょう。

気付いた方もいると思いますが、基本的に外国人も日本人も友達作りに違いはないです。同じ人間です、人として正しく接していけば仲の良い友達になれるものです。

どうしても「外国人」というだけで無意識のうちに壁を作ってしまいがちですが、基本的には変わりません。言葉がネックに感じる方も多いと思いますが、言葉は交流しながら覚えていけばいいんです。その方が都合がいいことも多いです。

外国人の友達作り、交流に役立てて下さい。外国人友達を作るための出会いの方法は外国人出会い隊でまとめていますので合わせてチェックしてみてください。

また、仲良くなるために使える会話が弾みやすい国際交流鉄板ネタも紹介しています。こういった会話や体験をともにしていくことでいつの間にか仲良くなり、友達・恋人の関係にもなれているものです。参考にしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る