国際結婚に向いている人の特徴&必要な心構え5選

日本人同士の結婚とは違い、文化・言葉の違いなど数々の隔たりがある国際結婚は、お互いが「好き」「愛している」というだけではうまくいきません。

国際結婚はある程度の覚悟を持って結婚する必要があります。それでは、どんな人が向いているのかを見ていきましょう。

国際結婚に向いている人

1.心身ともにタフ

とにかく国際結婚は思いもかけないことの連続です。日本に住むのであれば問題はありませんが、相手の国で住むことになれば、環境はガラッと変わります。慣れ親しんだ文化・習慣とも決別しなければいかない場合もあるでしょう。自分の家族、相手の家族に何かが起きたときなどは、急な帰国も頻繁にありえます。そのため、心身ともにタフで物事に柔軟に対応できる人でなければいけません。

2.前向きで明るい性格

短期間であればどんな性格の人でも異国の地で暮らすことはできますが、ずっと海外に住み続ける、ずっと外国人とともに生活をするとなれば文化の違い、環境の違いを思い知ることも多くなります。その度に落ち込みホームシックになっていては結婚生活は長続きしません。落ち込むときもありますが、なるべく物事を前向きに捉えることができる明るく前向きな性格の人が国際結婚に向いていると言えるでしょう。

3.相手の国の言語や文化に対して理解がある

いくら相手のことが好きで結婚しても言葉が通じなかったり、文化の違いが理解できなかったりする場合はうまくいきません。結婚する相手の国の文化や言語をある程度理解しておくことはとても大切です。

4.両親・友達と離れて住むことを覚悟する

日本人であればどちらかの家に入ることが多いですが、国際結婚の場合は両親と離れて暮らすことを覚悟しなければなりません。海外には同居するという習慣はないところが多いので、親と一緒に住もうとすると嫌がられる場合もあります。

5.一人でも寂しくない、楽しむことができる

全ての人ではないですが、傾向として海外の人は甘えることを嫌う人が多いです。レディファーストとよくいいますが、それは礼儀の上であって、それを真に受けて色々なことに甘えすぎると嫌われてしまう傾向にあります。相手に甘えなくても一人ででも楽しめるような何かを持っている人が国際結婚に向いていると言えます。

まとめ

ここで紹介したことは主に「国際結婚をして相手の国に住む場合」のことになります。日本で結婚し、日本に住むことになれば環境や文化の変化はありませんが、相手の方は上で紹介したことと同様のことを感じることになります。あなたがしっかりサポートしてあげ、お互いに助け合うことで国際結婚はうまくいくはずです。

お互いに相手のことを考えられる思いやりの心を持っていれば結婚はうまくいくでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る