シェアハウスで国際交流!外国人との出会い・恋愛はある?

シェアハウス

男女共同、一つ屋根の下で生活を共にするシェアハウス(ハウスシェアリングやシェアアパートとも呼ばれます)。ドラマや映画の影響もあり、近年人気を博しているライフスタイルの一つです。外国では日本以上に浸透していることもあり、シェアハウスでの外国人との出会いや交流に興味のある人も多いと思います。

そんなシェアハウスでの「外国人との出会い」についてまとめました。「住む前に知っておきたいメリットやデメリット」「外国人と暮らせるシェアハウスの探し方」なども合わせて紹介します。

シェアハウスとは?

シェアハウスとは、自分の個室以外に、リビングやキッチン、お風呂などの共有スペースを有する一種の共同生活を送るスタイルの賃貸物件のことです。初めから必要な家具や家電が備え付けられており、光熱費やインターネット代も家賃や共益費に含まれ、設備の割に安く借りれたり、家に帰れば誰かが待っている、そんな住人との楽しい日常生活を送れるライフスタイルです。

元々は海外などで人気のライフスタイルでしたが、近年ドラマの「ラスト・フレンズ」や恋愛バラエティ番組の「テラスハウス」などでシェアハウスの注目が集まり、人気を博しています。日本人も外国人も利用者が多く、社会人の方も一度くらい入居を考えたことがあるのではないでしょうか。

ルームシェアやゲストハウスも同じ意味で使われることもありますが厳密には違います。ルームシェアは代表(賃借人)が借りている物件を又貸しする形なのである種の同棲に近い概念とも言えるかもしれません。ゲストハウスはシェアハウスという言葉が誕生する以前に使われていた言葉です。

シェアハウスのメリット・デメリット

メリット

充実した設備のもとで暮らせる

シェアハウスには共同で生活するための家具・家電が最初から一式揃っています。そのため、引越し時にかかる家具・家電の準備費用が節約できます。その他光熱費やインターネット代も共有なので家賃や共益費に含まれていることが多く割安で使用できます。

借りるシェアハウスによってはフィットネスルームや露天風呂などの設備が整っており、一人暮らしではなかなか味わえないワンランク上の生活を体験することができます。

新しい出会いが増える

シェアハウスの最大の魅力は「見知らぬ人との交流」「新しい出会い」ではないでしょうか。

シェアハウスには色々な人が暮らしています。普通に生活しているだけでは出会うことのなかった人に出会える機会に恵まれます。人の成長は出会いがキッカケになることも多く、(シェアハウスの住人や住人の友達など)新しい出会いの頻度が増えるのはシェアハウスの魅力の一つです。

シェアハウスによって入居者に条件を設定しているところや住居の規模も様々です。自分の希望に沿ったシェアハウスを選ぶことでより良い生活が送れるでしょう。人脈構築や国際交流にも役立ちます。

生活力が上がる

一見すると同居人がいるので家事が楽になると感じるかもしれませんが共同生活のため、協調しながら生活していく必要があり、家事や掃除は分担される場合が多いです。また、一人暮らしでは放っておいても問題ない部分も共同生活をする以上、必要最低限のことはやらなければならないため生活力は向上します。

メリットともデメリットとも取れますが、ズボラな生活を送るよりは良いのでメリットと言えるでしょう。

また、初めての一人暮らしでも手助けしてくれる仲間がいたり、家に帰れば「おかえり」と言ってくれる同居人がいるのは1人暮らしにはない温かさも感じることもでき、もしもの時にも安心です。

デメリット

一人の時間が減る

一人暮らしと比べれば当然一人の時間は少なくなります。シェアハウスにもよりますが部屋の壁もマンションの部屋よりは壁が薄いです。集中したいとき、一人になりたいときでも賑やかな声が聞こえてくることもあるでしょう。

シェアハウスに暮らす住人にもよりますが、いい具合に放っておいてくれればいいのですが、干渉され過ぎるとストレスに感じることもあるでしょう。

男女関係のいざこざは気まずい

男女間で恋愛に発展しても、うまくいかなかった場合は同じ家に住むため、気まずさが残ります。また、いきなり素の部分を見られることになります。これはメリットとも取れますが隠し事はできなくなります。

苦手な人と暮らす可能性がある

多少の融通は効く場合があっても基本的に入居希望者をあなたの判断のみで決めることはできません。また、入居してきた人が苦手なタイプであったとしても共同生活を続けなければいけません。毎日顔を合わせることにもなります。

そのため、苦手な人がいても我慢して生活をしなければいけません。

共同生活ならではの環境

トイレやシャワーは共有になるため、汚れが気になる方や潔癖性の方にはシェアハウスは向きません。また、人の使ったトイレ・お風呂なども多くの場合が順番で掃除しなければいけません。

生活が雑な人がいると部屋は汚れやすくなります。


シェアハウスは文字通り部屋をみんなでシェアして暮らします、一人で住むわけではないので当然共同生活ならではのメリット・デメリットが出てきます。問題はメリットがデメリットを上回るのか?ですね。

メリットとデメリットを天秤にかけてメリットの方が大きく感じるのであればシェアハウスでの暮らしはとても良いものになるでしょう。

シェアハウスで出会い・恋愛はあるのか?

「出会い」にフォーカスするのであれば、シェアハウスで暮らすことで出会いの機会には多く恵まれるようになります。シェアハウスは比較的入退去者の出入りが頻繁でその都度入居者との新しい出会いがあります。また、入居者からの紹介や入居者の友達が遊びにきたり、新しい出会いは一人で暮らしているよりもずっと増えるでしょう。

「恋愛」で言えば、入居者同士のカップリングの可能性は十分に考えられます。実際に「シェアハウスでカップルが誕生する可能性はあるのか?」について行われたアンケートでは以下のような結果が出ています。

シェアハウスに住む男女間恋愛は生まれると思いますか?

  • 生まれると思う:24.0%
  • 生まれないと思う:13.4%
  • どちらかというと生まれると思う:22.6%
  • どちらかというと生まれないと思う:40.0%

引用:マイナビ賃貸

結果的に見れば半々ですが、生まれないと言いきっているのは僅かに13%で、多くの方が「あるかも」と思っているともとれます。入居者同士の恋愛は歓迎される場合もあれば、迷惑がられることもあり、カップルになった時点で引っ越さない限り「付き合う=一緒に暮らす」という形になるため、普通の付き合いとはまた違った形での付き合いがスタートすることになります。

外国人と出会いたいなら外国人向けのシェアハウスを利用する

さて、ある意味ここからが本題です。「シェアハウスで外国人との出会いはあるのか?」これについては外国人が入居しているシェアハウスを借りることで期待が持てます。

ただし、日本人限定のシェアハウスであればシェアハウス内では日本人としか出会えません。シェアハウスで外国人と出会いたいと考えるのであれば「外国人入居OK」または「すでに外国人入居者がいる」シェアハウスを選びましょう。

実際にルームシェアやシェアハウスを当たり前のように利用する国もあるように、外国人はシェアハウスを利用していることも多く、外国人の住むシェアハウスを選べば、そこで外国人と出会うことは簡単です。上で紹介したメリット・デメリットもそのまま外国人との生活にも当てはまります。

日本と外国では文化が違うので生活習慣や性格も異なります。当然日本人同士で暮らすシェアハウスよりも違いを目の当たりにする機会は多くなるでしょう。しかし、そういった難しさも含めて違いを楽しむのもシェアハウスの醍醐味の一つです。

外国人と出会いたい、国際交流をしたいという方は外国人入居OKのシェアハウスを選びましょう。

シェアハウスの規模も物件ごとに異なり、小さいところであれば10人未満、大きいところともなれば100人を越える大規模なところもあります。人数が少なければ少ないなりに密な関係を築きやすく、多いところは学校のような雰囲気が楽しめます。この辺りは好みによるのでどんな出会いを求めたいかでも選ぶ規模は変わってきそうですね。

英語は喋れなくても大丈夫?

外国人との出会いに英語は必要なのか?でもお伝えしていますが、英語が喋れなくても交流はできます。むしろ一つ屋根の下で一緒に暮らすとなれば、英語など外国語を教えてもらうくらいのつもりで臨んでも良いでしょう。

日本での暮らしなのである程度日本語が通じる可能性も高いですが、必要であれば外国人には日本語を、こちらは外国語をといった具合で語学の教え合いっこをするのも一つです。一緒に暮らせばコミュニケーションの頻度も上がるので習得のスピードも速くなるでしょう。語学の習得やスキルアップ、外国人の友達作りにはシェアハウスは良い環境になるでしょう。

外国人の住むシェアハウスの探し方

賃貸物件を探すという意味では大手賃貸情報サイトを利用することで物件を探すことができます。大手であれば絶対数は少ないもののシェアハウス物件も取り扱っています。

ただし、「外国人と一緒に暮らしたい」そんな国際交流シェアハウスを探す場合はシェアハウス専門、さらに言えば外国人も暮らせるシェアハウス専門の賃貸情報サイトを利用するのがおすすめです。

賃貸の数自体は大手サイトと比べて少ないですが「外国人と暮らせるシェアハウス」でカテゴライズすれば大手以上の量と質を誇り、物件が探しやすくなっています。そういったサイトを利用することで外国人と暮らせるシェアハウスが見つけやすくなるでしょう。

この外国人と暮らせるシェアハウスを専門に取り扱う賃貸情報サイトにもいくつかありますが、ここでは全国規模で展開、比率均等本格派、100人規模の大型シェアハウスなどの物件を取り扱う賃貸情報サイトを紹介します。

おすすめの国際交流シェアハウス取扱いサイト

ひつじ不動産

北海道・東北・関東・中部・関西・中国・九州と全国のシェアハウス物件を取り扱っており、とにかく情報量が多く、頻繁に更新されています。エリアや住所を選択後、条件で絞り込みの「外国人応募」を選択することで外国人OKの物件が簡単に探せます。

ボーダーレスハウス

「インターナショナルな環境」「外国人との交流」というコンセプト通りに住人の半数が外国人(日本人50%:外国人50%)になるように国籍比率を調整しています。入居者限定のプログラムには世界のボーダーレスハウスを無料利用できたり、母国語を教え合う取り組みなどが用意されており、住むだけでなく交流に重きを置く本格派シェアハウスです。

DKハウス

東京・千葉・埼玉・北海道・兵庫に展開するシェアハウス。掲載されている物件数は少ないものの、どの施設も大型(100人以上)で大人数でワイワイ暮らしたい人に向いています。女性が安心できる女性専用フロア、バイリンガルマネージャーの常駐など全施設に安心とセキュリティが行き届いたシェアハウスです。

その他最低6ヶ月以上の英語圏への滞在経験、英語でのコミュニケーションに全く問題のない方だけが応募できる超本気なシェアハウス(Tokyo Health)もあります。少しハードルが高く感じると思いますが、本気で英語での交流を楽しみたい人にはおすすめです。

どうしても東京近郊が多くなってしまいますが、全国対応している「ひつじ不動産」は地方に住んでいる方でも物件が探しやすくなっています。東京近辺で探すのであれば「ボーダーレスハウス」、大人数で過ごしたいなら「DKハウス」がおすすめです。今後大手賃貸情報サイトもシェアハウス特集を組むようなことがあれば、多くの物件の中からシェアハウスが探しやすくなるかもしれませんね。

シェアハウス入居時の注意点

「出会い」や「恋愛」を目的にシェアハウスに住むのも良いですが、シェアハウスで暮らす以上恋愛だけではいけません。それ以上に一緒に暮らす住人との共同生活が大切になります。

意中の人を狙うあまり家のことを疎かにすれば、周りからは反感をかいます。もし恋がうまくいかなかった場合、同じ家に住み続ける居心地の悪さを感じたり、生活に支障が出ることもあるでしょう。

そういった意味でも「恋愛」を第一の目的にシェアハウスに入るとなかなか続かない可能性があります。色々な人との出会いや交流を第一にその過程で恋愛に発展すればいいかなくらいの気持ちで始めるのが良いかもしれません。ただし「出会い」に関して言えば豊富なので、そこを目的にした場合、充実した生活が送れるはずです。

外国人との出会いにはシェアハウス以外にも色々な方法があります。シェアハウスは時間的・環境的に難しいという方は別の方法も紹介しているので参考にしてみてください。
外国人出会い隊|外国人と結婚したい!外人の友達・恋人を作る方法

関連記事

ページ上部へ戻る