外国人との出会い方

SNSで外国人と出会うならどのサービス?出会いの向き不向き

日本で流行っているSNSには色々なものがあります。
Facebookを筆頭に、Twitter、LINE、mixi、最近ではInstagram(インスタグラム)なども流行っていますね。細かいところを挙げればPinterest(ピンタレスト)、Tumblr(タンブラー)などもこのSNSツールに含まれます。あと、YouTubeもそうですね。

こういったSNSを使って外国人と出会うことはできるのか?
このページではSNSでの外国人との出会いについて考えてみます。

SNSを使って外国人と出会うことはできるのか?

大手SNSの月間アクティブユーザー数
順位 サービス名 アクティブユーザー数
1位 Facebook 13億9000万人
2位 YouTube 10億以上
3位 Google+ 5億4000万人
4位 Instagram 3億人
5位 Twitter 2億7100万人
6位 LINE 1億8100万人

参照:ソーシャルメディアシェア早わかり~2015更新版

これは2014年度の大手SNSのアクティブユーザー数をランキング化した表ですが、世界的に見るとこのような順で使われています。(アクティブユーザーは登録しただけでなく、実際に利用している人数です)

世界の順位を見てもあまり意味はないのですが、多く使われているSNSはそれだけ交流の機会はあると考えてもいいと思います。

ただし、利用されているSNSは国によってかなりバラつきがあるため、どこの国でどのツールが使われているのかなど、出会いたい国の人や出向く国が決まっている方はSNSの普及率やアクティブ率を把握しておくと、より出会いの機会を増やすことができるかもしれません。

だいたい国によって代わりになる別のSNSが流行っていることがほとんどです。流行っているSNS、さらには出会いやすいSNSは積極的に活用していくと良いでしょう。

SNSにも出会いやすいもの、出会いにくいものがある

日本で多く使われているSNSには「Facebook」「Twitter」「mixi」「LINE」などがあります。それぞれの出会いやすさについて考えてみましょう。

Facebook(フェイスブック)

Facebookはこれら4つの中で言えば最も外国人と出会いやすい方法だと言えます。
しかし、「出会いにくいFacebookで外国人との出会いを増やすたった一つの方法」でもお伝えしている通り「新しい出会い」を考えた場合にはFacebookのみで出会うのは少し難しいというのが本当のところです。

例えば、考えられる方法には外国人が集まるFacebookページやグループに参加して、少しずつ交流を深める方法です。

Facebook上では世界中の誰とでも出会うことはできますが、人によってその難易度は大きく変わります。英語がペラペラな方にとっては気軽に絡める有益なツールになりますが、外国語が喋れない日本人や日本語喋れない外国人との出会いとなるとなかなか難しいものがあります。

特に友達との交流に使用している方も多く「出会い」を前提に考えた場合はFacebook上のみでは少し難しくなります。

しかし、今は新しい出会いを目的とした「Facebook連携サイト」もあるのでそういった方法を活用すると一気に出会いやすくなります。

Facebookにはこういった連携して使えるサービスが充実しているため、そちらでの出会いを考えてみると良いでしょう。Facebookの実名登録というメリットを生かされ、安心感も得られます。

Facebookが出会いやすいというよりは連携したサービスでより出会いやすくなるという感じですね。

Twitter(ツイッター)

Twitterでも出会いは可能です。
ただし、Facebookと違い、(個人情報を載せていないため)相手が見えにくいというデメリットがあります。実名で利用している方は少なく、実際にリアルで会うときには注意も必要になります。

ただし、ある程度匿名性があるからこそ気軽に話せることもあり、そうやって意気投合した仲であれば出会いも自然に訪れるでしょう。Twitter上で関係を深め、オフ会などの形で出会うことも可能で実際にそういった出会いを楽しんでいる方もいます。

Facebookは基本的に相互承認による認識した者同士のコミュニケーションになりますが、Twitterは不特定多数とのコミュニケーションになるため積極的に絡んでいくアクティブさは必要になるでしょう。

mixi(ミクシィ)

mixiもサービス的にはFacebookとよく似ているのでmixiを利用している外国人がいれば交友を深めることで出会いは可能と言えます。正直なところ私はもうmixiは利用していないため、現状のことはあまり詳しくはわかりませんが、同タイプのSNSであるFacebookにシェアを奪われているだけにmixi上での外国人との出会いは少し難しいと思われます。

ただし、今残っているユーザーは濃いユーザーだと思われるため、うまく溶け込めば関係は築きやすいかもしれません。

LINE(ライン)

スマホの普及に伴い、一気にLINEも普及し、今ではスマホを持っているほとんどの方がLINEを使っていると言ってもいいほど普及しているSNSです。

ではLINEは出会いやすいのか?と言えば、難しいというのが実際のところでしょう。
そもそもLINEは出会いの場を提供するツールではなく、どちらかと言えば友人間の連絡用ツールとして使われています。

そのため、関係を深めた後の連絡用ツールとしては無料で使える素晴らしいアプリですが、LINE単体での出会いは無理ではなくても少し効率が悪いと言えるでしょう。

まとめ

インターネットが普及し出してから時間も経ったこともあり、SNSも身近な人とのコミュニケーションだけでなく、知らない人と出会うことに対しての抵抗感が薄れ、新しい出会いのツールとして使用している人も多いようです。

ネットでの出会いは色々と危険な側面もあり慎重にならなければいけない部分もありますが、賢く利用することで出会いのチャンスは確実に広がります。普通に生活していただけではなかなか出会えない人、外国人とも知り合うことができるのは大きな魅力でしょう。

その中でSNSにも出会いやすい出会いにくいはあるので出会いやすいSNSや外国人との出会いをメインにしているツールやサイトを利用するとより手軽な出会いも実現できるようになります。

TOP:外国人出会い隊|外国人と結婚したい!外人の友達・恋人を作る方法

外国人と出会えるマッチングアプリ

外国人検索機能と外国人会員数の多い、外国人と出会いやすいおすすめのマッチングアプリです。今気になっている外国の方との出会いを探してみるのもおすすめです。

アイちゃん
アイちゃん
ランキングについては「外国人と出会える!マッチングアプリおすすめランキング」でさらに詳細に比較解説しているので合わせて読んでみてください。
1位:match.com(マッチドットコム)
マッチドットコム
世界5大陸、25ヶ国でサービスを展開する世界最大級の恋愛マッチングサイトで日本をはじめ海外に多くの会員が在籍しています。現在は国籍検索や出身地検索が使えなくなりましたが人種検索などから外国人を絞り込むことが可能です。この他にはない人種・瞳の色・髪の色・信仰などから検索をかけられる面白いマッチングサイトです。海外で外国人の恋人や友達を探したい人に特におすすめです。
外国人検索機能 キーワード検索、瞳の色検索、髪の色検索、人種検索、言語検索、信仰検索
外国人会員数 外国人男性:2000人以上、外国人女性:1500人以上

match.comはカウントが2000人までなので多くの外国人会員がいます

マッチドットコムの公式サイトマッチドットコムまとめ

2位:Pairs(ペアーズ)
ペアーズ
累計会員数800万人を超える日本最大級の恋愛マッチングサイトです。恋活ジャンルの中では最も名の知れたマッチングアプリかもしれません。外国人検索はザックリと海外から絞り込めたり、詳細に国名を絞れたり、かゆいところに手が届くあたりはさすがです。外国人会員数も多く、日本全国どこでも出会いの見つかる恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外+国名、居住地:海外+国名、フリーワード検索
外国人会員数 外国人男性:39500人以上、外国人女性:13500人以上

ペアーズの公式サイトペアーズまとめ

3位:with(ウィズ)
ウィズ
withはメンタリストのDaigoさん監修のマッチングアプリで、メンタリズムを活かした診断やイベントが面白く相性を重視した出会いが期待できるマッチングアプリです。ザックリとですが外国人を海外から絞り込め、フリーワードでプロフィール検索も可能な機能的にも外国人会員数的にも外国人を探しやすく出会いやすい恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外、居住地:海外、フリーワード検索(※男性有料)
外国人会員数 外国人男性:6500人以上、外国人女性:2500人以上

withの公式サイトwithまとめ