各国の外国人の特徴・国民性

スリナム人の特徴【性格・見た目・恋愛観】

スリナム

南米の中でもっとも小さく人口も少ないのがスリナムです。その少ない国民の大半は北部の沿岸で暮らし、国土の8割を占める南部の熱帯雨林は未開のままとなっています。

スリナムと聞いてもあまりピンとこない人も多いと思いますが、そんな小国スリナムに暮らすスリナム人の特徴についてまとめました。

多数の民族が暮らす多民族国家なので一概に特徴をまとめるのは難しいですが、一つの傾向として参考にしてみてください。

首都 パラマリボ
人口 56.3万人(2017年)
面積 163,270㎢
言語 オランダ語
宗教 キリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教など
通貨 スリナムドル

スリナムとはどんな国?スリナムと言えば?

スリナムの基礎知識

スリナム(正式名称:スリナム共和国)は、南米大陸の北東部に位置し、北は大西洋、西はガイアナ、東はフランス領ギアナ、南はブラジルに面しています。国土面積は北海道の約2倍で首都はパラマリボです。

オランダの植民地だった影響からオランダ語が公用語ですが、多民族国家なので英語、ヒンディー語、インドネシア語、タキタキ語などが話されています。ラテンアメリカでオランダ語を公用語としているのはスリナムだけです。

宗教も民族と同様に様々で、キリスト教、ヒンドゥー教、イスラム教などが信仰されています。

スリナム料理

オランダの影響を強く受けたスリナムではオランダ料理を連想するかもしれませんが、実際のところ東南アジアと見間違うような食事風景です。

日本でもエスニック料理が流行って、ナシゴレンやミーゴレンなどインドネシア料理が身近なものになっていますよね。スリナムの料理はインドネシア料理そのものと言っても過言ではありません。

ジャワ系の人口比率は20%に満たないのですが、インドネシア料理(ジャワ料理)がよく食べられています。

そのスタイルはお米を主食にして、鶏肉や魚などを野菜と一緒に煮たものを副菜として食べるのが一般的です。

中には日本で言う焼きそばもありますし、南米でよく食べられるイモ類のレシピも豊富です。インドネシアと南米の良いとこどりをしたような食事は日本人の口にも合うかもしれません。

パラマリボの世界遺産

「パラマリボ市街歴史地区」はコロニアル様式の建物が多く残っているためユネスコの世界遺産に登録されています。

コロニアルとは、植民地にある支配国(スリナムの場合はオランダ)の様式に則って建てられた建築物の様式のことを言います。

中南米に多くある旧植民都市のほとんどはスペイン・ポルトガル式の建物ですが、スリナムの場合オランダ式なので独特な都市風景であると言われています。

多くの木造建築物は、過去の火災で甚大な被害を受けましたが修復と再建により伝統的な景観を現在に残しています。「中央スリナム自然保護区」とこの「パラマリボ市街歴史地区」の2件がスリナムの世界遺産として登録されています。

スリナムの歴史

スリナムはかつて「オランダ領ギアナ」と呼ばれていました。西の現ガイアナは「イギリス領ギアナ」と呼ばれており、東の「フランス領ギアナ」と三国合わせて「ギアナ三国」とされていました。

そんなスリナムがオランダから独立を果たしたのは1975年です。

遡ること17世紀、オランダ人とイギリス人がスリナムに黒人奴隷を連れて入ってきたのがスリナムの植民地の始まりです。

その労働環境の劣悪さから逃げ出す人も多く、奴隷解放令が出た後には、人手不足から多くの中国人をはじめとするアジア系民族がスリナムに入りました。そのような歴史的背景から、スリナムは多民族国家となっています。

スリナム人の性格・国民性

楽天的

細かいことは気にしない、無計画、行き当たりばったりなどなど色々な捉え方がありますがスリナム人には陽気で楽天的な性格の人が多いと言います。

「なんとかなる」という精神はときに頼もしいようにも思えますが、本当に困難なことが降りかかったときにはそうはいかないようで、特に自身や身内に問題が起きたときは深刻にとらえるので楽天的な考えにはならないようです。

人懐っこい

いつもニコニコ、愛想がいい人が多いのもスリナム人の特徴です。中には「アンガーマネジメント」と呼ばれる怒らないようにするマインドコントロールが得意な人もいます。

穏やかかつ素朴な性格で、フレンドリーで気さくに話しかけてくれる人が多いです。これは多民族国家らしい特徴とも言えますが、外国人にもとても親切です。

もちろん内向的な人もいますが、オープンな性格で人懐っこいので仲良くなりやすい人たちと言えるでしょう。

時間にルーズ

スリナム人は、のんびりしている人も多く、時間に対してはルーズなところがあります。待ち合わせの時間に遅刻したり、時間を過ぎて始まったミーティングが早く終わってしまうなど時間感覚が大雑把で、そのことをあまり気にもしません。

そのため、時間に遅れて相手に迷惑をかけることがあっても悪びれた様子はありません。時間にルーズなことを逐一責めるよりは、それに慣れてしまう方が良さそうです。

多様な宗教感

スリナムには、キリスト教徒40%、ヒンドゥー教徒が20%、イスラム教徒が14%ほどいると言われています。宗教が違えど、それぞれの信者にとって自分の信条は絶対的なものです。それは生活全般に関わっていて、食生活、恋愛においても重要です。

ヒンドゥー教徒の中にはいまだカースト制度を重んじる人々がいます。それはスリナムでも同様です。いずれにしても、もしスリナム人と知り合いになったのなら、相手の宗教について学んでおくのがベターと言えそうです。

スリナム人の恋愛観・結婚観

レディーファーストだけどやや亭主関白

スリナムの男性は女性に丁寧に接し、レディーファーストを心がける紳士的な人が多いと言われています。

そして、どちらかと言えばロマンチストな気質で、愛情表現はストレートです。

相手を思う気持ちをはっきりと言葉にしますし、態度にも表します。そのため、同様に相手にも自分を愛していると態度で示してほしいと思う人が多いです。

レディーファーストができる紳士でありながら亭主関白と言うと、正反対の印象を受けるかもしれませんが、スリナム人男性は親切ですが女性に求めることが多いと言われています。

乱暴な口調で責めたり、非常識なルールを設けることは少ないですが結婚生活において男性が優位な立場を取ることがほとんどです。

人前ではイチャイチャしない

外国人は人前でもイチャイチャする、そんなイメージを持つ方も多いと思いますが、その点でスリナム人は違います。

日本人以上に人前でのスキンシップを好まず、人によっては恋人同士でも手を繋ぐのを避けたり、外でのデートすらしない場合もあります。

宗教によっては戒律で恋人同士がするスキンシップを好ましいものとしていない場合があり、宗教を大切にするスリナム人はそれを守っているというのが実情です。

婚前交渉は人それぞれ

宗教で結婚前の性行為を禁じられていることもありますが、守っているかと言えばそれはまちまちです。公にそういった話をすることはあまりないようですが、結婚前でも性行為をすることへの罪悪感は薄れているようです。

インド系、アフリカ系、インドネシア系が混ざり合っているのでその積極性について一言で表すのは難しいですが、いわゆるセックスレスになってしまうことは少ないと言います。

「結婚すること」へのプレッシャー

スリナム人では、若くして結婚するのが一般的で、男女ともに20代前半に結婚する人が多いです。

結婚願望が強いと言うよりは結婚することが当たり前と考えられているので、20代半ばになって未婚の人は親から結婚を急かされたり、結婚できない性格というレッテルを貼られたりとストレスを感じることが増えると言います。

それだけ人生における結婚のウエイトが重いと言えます。

過去にはしたくない結婚をして離婚を切り出せず自殺をしてしまう若者が増えたこともあり、現在では結婚を絶対視する風潮は弱まっているようですが、年代によっては昔ながらの考え方で結婚を迫る人も多いです。

スリナム人の見た目やスタイル

多民族国家スリナム

17世紀中頃からオランダによる支配を受けていたスリナムでは、プランテーション農業が発展しました。

プランテーションとは、安い賃金で現地人や黒人奴隷を働かせ、砂糖やコーヒーなどを栽培する大きな農園のことです。

はじめは現地のスリナム人が担っていましたが、労働力が足りなくなったためにアフリカ系黒人やインド系、インドネシアなどのジャワ民族がスリナムに移住してきました。

外務省のデータによるとスリナムには27%のヒンドゥー系、22%のマルーン系、14%のジャワ系、13%の混血がいるとされています。

つまり、「南米スリナムのスリナム人」と言ってもインド系や黒人が多くいます。他の南米諸国とは異なったスリナムならではの民族構成と言えます。

ヒンドゥー系(インド系)の特徴

肌の色は黒色で彫りが深く目鼻立ちはしっかりとしています。唇は厚く、口は大きめ、目は二重で顔は小さい人が多いです。

身長が低めですが手足が長いのでスタイルが良く見えます。体毛が濃く髪の毛はクセの強い毛質です。

マルーン系(アフリカ系黒人)の特徴

マルーンの歴史を遡ると、アフリカからアメリカ大陸に連れてこられた最初の奴隷が逃亡、武装し山奥で自給自足の生活を始めた人々が始まりと言われています。

ブラジルやスリナム、プエルトリコなどの周辺諸国では歴史的に重要な役割を担った民族です。

マルーン系の特徴は体が大きい人が多いことです。肩幅が広く、胸板が厚い、痩せていても高身長で筋肉が発達しているという独特な特徴があります。手足がとても長く、身体能力も高いと言われています。

顔立ちは体毛が濃く、髭も濃いです。毛質はクセが強く黒色の人がほとんどです。

顔立ちは、顔が小さく目が大きい、唇が厚く鼻が横に広いなどの特徴があります。スリナムのスポーツ選手に多い民族です。

ジャワ系の特徴

身長はやや高めですが、手足が短く、指も短いです。胸板が厚く、太りやすい体質で体格の良い大きい体をしています。寸胴であまりくびれのない体型とも言えるでしょう。

頭が大きく、額は広めで歯が大きいです。体毛は薄く、髪の毛や眉も薄い傾向にあります。毛質はストレートの人もいれば、強いクセを持っている人もいます。


スリナムは人種構成もユニークで、インド系、インドネシア(ジャワ)系、黒人と白人の混血系、黒人系、原住民系が混在する多民族国家となっています。インド系が多いのはガイアナと同じですが、異なる点としては、インドネシア系が多いことが挙げられます。

どの民族も2割~3割の人口を占めているので、各民族をご紹介してきましたが、少し前まで民族間の仲が悪かったために混血は非常に稀だと言われていましたが、現在は少しずつ混血が増えてきています。

スリナム人やスリナムハーフの有名人・芸能人

クラレンス・セードルフ

1976年生まれ、スリナムのパラマリボ出身の元サッカー選手であり、指導者です。アヤックス、レアル・マドリード、ミランと3つの異なるクラブでUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験した唯一の選手です。また、どのクラブチームでもリーグ優勝を果たしています。

オランダの名門クラブ、アヤックス・アムステルダムのアカデミー出身で、数多くいる名選手の中でも最高傑作と言われています。

オランダ国籍を取得していて、オランダ代表としてプレーしていた彼ですが、スリナムに多額の寄付をしたり、子どもたちへの支援や基金活動にとても熱心なことで有名です。

彼の外見を見てみると、鼻腔が横に広いところや唇が厚いところからスリナム人らしい特徴が伺えます。

アーネスト・ホースト

1965年、オランダ領ギアナ(現在のスリナム)出身のキックボクサーです。戦績は100勝18敗と言う記録とともに97年、99年のK-1グランプリ、K-1ワールドカップグランプリ2000、2002の優勝者で4度の最多優勝記録を持つひとりです。

日本でも有名なアーネスト・ホーストは、日本のバラエティ番組にも出演しています。流暢な日本語を話すことでも知られていて、愛されるキャラクターとしても人気でした。こういった特徴からはスリナム人の明るく人懐っこい性格が感じられます。

ジミー・フロイド・ハッセルバインク

1972年生まれ、スリナムのパラマリボ出身のオランダ国籍を持つ元サッカー選手で、指導者です。

1990年にオランダのクラブチーム・テルスターでキャリアをスタートさせ、いくつかのクラブチームを経てボアヴィスタに移籍し20ゴールを決める活躍を見せます。その後はイングランドへ移籍し、2000年~2001年シーズンにはチェルシーでリーグ得点王に輝いています。

また、ミドルズブラでは13得点をあげて2005年~2006年にUEFAカップ優勝に貢献し、2008年に現役を引退しています。

彼の外見を見てみると、その身長の高さに目がいきます。身長の高い人が多いオランダ人に囲まれても負けず劣らない高身長で、手足が長いところも特徴的です。


スリナム出身の有名人と聞いてもあまりピンとこなかった人が多いかと思います。しかし、名前を挙げてみれば「知ってる!」そんな人が多かったのではないでしょうか。

実はスリナムは日本人にも馴染みの深いスポーツ選手を数多く輩出していますが、その選手のほとんどが旧宗主国であるオランダに渡って、「オランダ人選手」ということになっているため、スリナム出身ということがあまり知られてはいません。

先に紹介したセードルフやアーネスト・ホースト、その他レミー・ボンヤスキーなどはスリナム出身です。

あまりサッカーや格闘技に詳しくない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。その点で言えば多くの名選手を多数輩出するスリナムは隠れたスポーツ大国とも言えるかもしれません。

外国人と出会えるマッチングアプリ

外国人検索機能と外国人会員数の多い、外国人と出会いやすいおすすめのマッチングアプリです。今気になっている外国の方との出会いを探してみるのもおすすめです。

アイちゃん
アイちゃん
ランキングについては「外国人と出会える!マッチングアプリおすすめランキング」でさらに詳細に比較解説しているので合わせて読んでみてください。
1位:match.com(マッチドットコム)
マッチドットコム
世界5大陸、25ヶ国でサービスを展開する世界最大級の恋愛マッチングサイトで日本をはじめ海外に多くの会員が在籍しています。現在は国籍検索や出身地検索が使えなくなりましたが人種検索などから外国人を絞り込むことが可能です。この他にはない人種・瞳の色・髪の色・信仰などから検索をかけられる面白いマッチングサイトです。海外で外国人の恋人や友達を探したい人に特におすすめです。
外国人検索機能 キーワード検索、瞳の色検索、髪の色検索、人種検索、言語検索、信仰検索
外国人会員数 外国人男性:2000人以上、外国人女性:1500人以上

match.comはカウントが2000人までなので多くの外国人会員がいます

マッチドットコムの公式サイトマッチドットコムまとめ

2位:Pairs(ペアーズ)
ペアーズ
累計会員数800万人を超える日本最大級の恋愛マッチングサイトです。恋活ジャンルの中では最も名の知れたマッチングアプリかもしれません。外国人検索はザックリと海外から絞り込めたり、詳細に国名を絞れたり、かゆいところに手が届くあたりはさすがです。外国人会員数も多く、日本全国どこでも出会いの見つかる恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外+国名、居住地:海外+国名、フリーワード検索
外国人会員数 外国人男性:39500人以上、外国人女性:13500人以上

ペアーズの公式サイトペアーズまとめ

3位:with(ウィズ)
ウィズ
withはメンタリストのDaigoさん監修のマッチングアプリで、メンタリズムを活かした診断やイベントが面白く相性を重視した出会いが期待できるマッチングアプリです。ザックリとですが外国人を海外から絞り込め、フリーワードでプロフィール検索も可能な機能的にも外国人会員数的にも外国人を探しやすく出会いやすい恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外、居住地:海外、フリーワード検索(※男性有料)
外国人会員数 外国人男性:6500人以上、外国人女性:2500人以上

withの公式サイトwithまとめ