ブラジル人の特徴・性格と見た目

brazil-thumb1

日本の裏側と言ってもいいくらい日本とはかけ離れたところにあるブラジル。

ブラジルは南米最大の国で色々な資源や農業などが盛んなことから、その労働者確保のため、日本をはじめとした色々な国々から移民が集まって形成された多文化国家です。

色々な民族が混ざり合うことにより多種多様な文化、人種が入り混じっている国でもあります。

そんなブラジル人の性格や外見的特徴についてまとめています。

ブラジル人の性格

1.マイペース

南米という陽気な土地柄もあってか、物事の思考や行動においてマイペースな人が非常に多いです。

そのため、時間にルーズで待ち合わせなどの時間に遅れても悪いと思わない人も多いです。

2.フレンドリー

元々の南米大陸に住んでいる人の陽気さに加えて、日本人の移民が多いこともあり、外国の中では他人と協調する能力が高いと言われています。初対面からいきなりキスをしてしまう人もいるほどです。

しかし、一度築かれた友情をとても大切にする人達です。そういった意味で付き合いやすい人が多いとも言えます。

3.家族との関係がとても深い

非常に親との関係が深い国で、大人の女性が毎日のように親に電話をかけている光景はザラに見かけます。

子育ての方法も叱りつけることよりも褒めて伸ばす育て方をするため、思春期などはあっても反抗期はなく、親といつまでも仲の良い関係を築くことができるようです。

4.犯罪率が非常に高い

スラム街があると聞けばなんとなく納得できそうな感じがしますが、スラム街以外の街中でも泥棒などの犯罪率が非常に高い国として知られています。

ブラジル人の見た目やスタイル

ブラジル人の平均顔

brazilian-face1

1.先住民は黒人

ブラジルに住んでいた先住民は赤道周辺、アマゾン川流域に住む黒人でした。
その黒人文化だったブラジルに、ポルトガルやアフリカなどの黒人や中近東、アジアなどの黄色人種などが入り込んで混血が増えています。

2.純血の先住民族は少ない

多くの移民を色々な国から受け入れてきた結果、黒人同士や黄色人種、白人との混血が非常に増え、国民の多くを占めるようになりました。

その結果、独特な雰囲気を持つ純血の先住民族は減り、色々な肌の色や文化を持った民族が多数暮らしています。

3.美人が多い

美の基準は人それぞれですが、色々な血が混じっていることからとにかく海外から見ても美人の多い国として話題になっています。しかし、国の中での美人の基準はヒップであり、毎年コンテストが開かれるほどです。

まとめ

家族との関係がとても深く、情の厚い、陽気で気さくな性格で、基本的には白人系の民族は少なく、黄色人種~黒人の民族が多いです。
そのため、いわゆる北欧系のようなスタイルや顔の特徴をもった人は少ないものの、アジア系や欧米民族との混血の特徴を持った民族が多く、ブラジル人全般に特化した特徴はほとんどありません。

色々な民族が入り混じった色々な人種がいるというのがブラジル人の外見的特徴と言えます。

外国人と出会うには?外国人の友達・彼氏・彼女の作り方

関連記事

ページ上部へ戻る