外国人の友達を持つ・作るメリット

tomodachi-merit-thumb2

外国人と友達になる、外国人の友達を持つと世界観が広がる、価値観が変わるなんて言われます。実際にどんないいことがあるのか?外国人と友達になることで得られる具体的なメリットをみていきましょう。

外国人との出会いでグローバルな人間に成長

グローバル化が急速に進む昨今、外国、世界に対応できるスキルを持つ方は増々優遇されていきます。外国人や外国の文化に触れることで、日本人にはない発想・思考などが生まれるキッカケが掴めるかもしれません。日本という枠組みだけでなく、世界に目を向けて生活していくこともできるようになるでしょう。日本人ではないからこそ得られるメリット、外国人との友人関係だからこそ得られるメリットを挙げていきます。

1.外国語に触れる時間が増える

外国語を独学で覚えるのは難しく、英会話教室など外国語スクールに通うのにはお金が必要です。しかし、外国人の友達を持つとその友達が話す言語に触れる機会が増えます。コミュニケーションを取るために必死に勉強するようになる可能性もあります。外国語に触れる時間が増え、習得にも積極的になれるため外国語が覚えやすい環境が手に入ります。

2.視野が広がり、考え方が変化する

人は住んでいる地域の文化や習慣によって考え方・価値観が全く異なります。生活環境の違い、文化も違い、宗教の違いなど日本とは大きく異なり、考え方も違います。日本人には気付けないような発想や考え方を持っていることもあります。そういった新しい価値観・世界観に触れることはあなたを一回りも二回りも成長させる可能性があります。自分の殻を破るには新しい刺激がもらえます。

3.自己表現力・コミュニケーション能力の向上

昔から謙虚が美徳とされている日本人は自己表現や人とのコミュニケーションを苦手する人がとても多いです。日本国内にいるのであれば謙虚さは優遇されますが、一歩海外に出るとそんなことでは社会の波に飲み込まれてしまいます。日本人に比べ外国人は自己主張の強い人が多いと言われています。表現方法を心得ているコミュニケーション能力の高い人が多いです。外国人を友人に持つことで、自己表現力がアップし、対人コミュニケーション能力の向上が期待できます。

まとめ

外国人との出会いは仕事上のスキルアップだけでなく、プライベートでも楽しみは増えていきます。世界をより身近に感じられるようになり、視野の広がりなどあなたを成長させるキッカケになるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る