各国の外国人の特徴

クロアチア人の特徴(性格・見た目・恋愛観)と出会いの方法

クロアチア

アドリア海沿岸に位置し、対岸にイタリア、隣国にスロベニアやハンガリー、ボスニア・ヘルツェゴミナとセルビアを有するクロアチア。

近年で言えばロシアワールドカップでの活躍でご存じの方も多いかもしれませんね。とは言っても日本人にはあまり馴染みのない国で何となく「ヨーロッパの国の一つ」くらいの認識の人も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんなクロアチア人の特徴や国民性を知るため、そしてどんな男性や女性が多いのかを性格や外見的特徴からまとめています。

クロアチアの歴史的な背景を見つつ、クロアチア人を培う国民性を見ていきましょう。

クロアチアとはどんな国?クロアチアと言えば?

クロアチアの基本情報

クロアチアは首都をザグレブに置く、ヨーロッパ連合加盟国の1つです。通貨はユーロではなく独自通貨のクーナを採用しています(2018年現在)。

海沿いではアドリア海からの温かい湿った風が吹き込むので、冬でも気温がマイナスまで冷え込むことはあまりありません。

首都ザグレブはやや内陸にあり、ここは大陸性気候に属するので、やや乾いた寒さになります。日本との時差は-8時間、サマータイム制度を導入しているので、夏は-7時間差となります。

常に戦争に身を置かざるを得なかった過去

クロアチアは、中世の時代まで、ハンガリーやオーストリア帝国(ハプスブルグ家)、南はトルコを中心とした強国オスマン帝国など、様々な国の支配下に置かれていました。

18世紀には再びハプスブルグ家に支配権が移り、クロアチアとしての自治権を認められたことから、オーストリア・ハンガリー領クロアチアが誕生、その後長くクロアチアはハンガリー寄りの姿勢を見せるようになります。

しかし1900年代に入り、オーストリア・ハンガリーとともに第一次世界大戦に敗戦、これを期にこの関係も崩壊、そしてこの時一緒に国家解体を余儀なくされた隣国のスロベニア、セルビアとともに、ユーゴスラビア王国を成立しました。

しかし、もともと違う民族と文化が国家を作ることは難しく、これ以降から1991年のユーゴスラビアの崩壊後にも、数々の内戦・紛争が繰り返されます(クロアチア-ユーゴスラビア連合軍の戦い)。

この戦いにより多くの街が破壊され、またクロアチア地域内にいた多くのセルビア人たちも虐殺、または退避を余儀なくされたとされています(諸説あり)。

現在の民族構成はクロアチア人が9割を超え、隣国セルビア人は5%以下となっています。

安全な観光地としての今

旧ユーゴスラビアや隣国ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争への介入などのイメージもあり、治安にいささか不安を感じる方も少なくないかと思いますが、現在のクロアチアはヨーロッパ内でも特に治安の良い国にまで発展しました。

首都ザグレフなどの文化的な街は長年のハンガリー・オーストリアと東欧周辺国の影響を受け、とてもかわいらしいデザインの建物が建ち並びます。海沿いはアドリア海らしいオレンジ色の屋根と青い海、綺麗なビーチが続きます。

近年のヨーロッパへの難民流入の影響も今のところはあまり無いと言われており、現在はスペインのマジョルカ島やイタリア南部の町と並び、ヨーロッパの人たちにとってはビーチ・リゾート地としての絶大な人気を誇るスポットの1つとなっています。


今となっては平和で美しい国のイメージもありますが、過去に幾度となく戦争を繰り返してきた暗い歴史を持つ国でもあります。

それではこういった過去も踏まえつつ、クロアチア人の特徴や国民性を見ていきましょう。

クロアチア人の性格

陽気で親切

地中海やアドリア海周辺の特徴かとも思われる部分ですが、クロアチア人も実に陽気でオープンマインドな人柄の方が多いです。

友人や家族を大切にすることはもちろん、初対面や道ですれ違うような人にも困っていたらフレンドリーに声をかける、とても温かさを感じる素敵な部分があります。

ストレスの感じ方は人それぞれ違うにしても、なるべくリラックスしてその時間・人生を楽しむ、彼らはその大切さを知っているような気がします。

おおらかであり、時折いい加減

陽気であるという反面、あまりささいなことを細かく考えない人が多いのかもしれません。

時間にそこまでルーズというわけではないものの、約束事やちょっとした言葉づかいからなんとなくいい加減な印象を受けることがあります。

ただし相手に対してもおおらかに受け入れる人が多いので、嫌みに感じることはありません。

自分の意見を伝えることを大切にしている

特に女性は、好きなもの、嫌いなものをはっきり伝えるなど、自分の意見をきちんと持っている人が多いです。

ディスカッションやちょっとした会話の中でも、「私はそうは思わない」「それは間違いだと思う」とはっきり伝えてくる人が多いです。

クロアチア語がわからない人が聞くと、大声でケンカをしているような印象を受けてしまうかもしれません。

しかし、反対意見だからと言って対立することはなく、会話やディベートが終われば、また元通りです。大切なのは相手が自分に賛同しているかどうかではなく、どう感じたかをきちんと伝えることなんですね。

プライドが高い

自分の国、文化、仕事、持ち物などに関する自慢話(と言うと失礼かもしれませんが)をよく聞きます。

そこに負けず嫌いも加わり、例えば「この国の食事はまずい」「クロアチアの食事はこんなにすばらしい」という話をよく耳にします。

プライドが高いというとマイナスに聞こえてしまいますが、彼らは自分の出生や人生にとても誇りを感じているということです。ある意味で愛国心があるとも言えます。

服装や身につけるアクセサリーに関しても、やはりきちんとした身なりを気にしている人が多いように思います。


自分の意見をしっかり伝えたり、プライドが高かったり、少し頑固で難しい性格にも感じてしまうかもしれませんが、人の意見も尊重する部分もあり、自分にも人にも厳しいそんな性格なのかもしれません。

あくまで一般的な傾向であり、一つの傾向ではありますが参考にしてください。

クロアチア人の恋愛観・結婚観

美男・美女が多いと言われるクロアチア人ですが、恋愛に対してはどういう傾向にあるのか。クロアチア人の恋愛観や結婚観について見ていきましょう。

気持ちを素直に伝える

国民性の部分でも触れましたが、彼らは自分の意見や気持ちをはっきり相手に伝えることをとても大切にしています。そのため、気になる人には正直に嬉しい反応を示し(あるいは言葉でそれを伝え)、嫌いな人にはわかりやすく態度に出してしまうことも多いです。

まさしく、日本人的な「気持ちとは裏腹な態度を取ってしまう」「気を惹きたくて冷たい態度を取る」というのは、彼らとは正反対の性質です。

これらは「嫌われている」とそのまま受け取られてしまいかねないので、もし気になるクロアチア人がいるのであれば、ストレートに気持ちを伝えるようにした方が良いでしょう。

男性も女性も情熱的

初対面の人にも基本的にフレンドリーに接することの多いクロアチア人ですが、好きな人や気に入った人には、さらに情熱的に自分の気持ちを伝える人が多いです。

「こういうところが好きだ」というところを相手に伝えるのに、ためらいはありません。

カップルや夫婦も同じで、長年付き添っていてもお互いに相手を褒め合い、「愛している」と言う言葉を忘れません。

ただしケンカの場面もやや情熱的で、お互いの思いを感情的にストレートにぶつけあうことも多いので、日本人からすると修羅場のようにも思えてしまうかもしれません。

結婚を意識しない人も多い

とても情熱的なカップルであっても、そのままストレートに将来のことを考えているのかと言えば、そうではないようです。

例えば30代であっても結婚を急かさず長く恋人関係を続けているカップルを見かけることがあります。

日本のように「30歳までに結婚して出産」と言った概念もあまり無いのかもしれません。それよりは、今を楽しくパートナーと過ごしたいと思う人が多いのでしょう。

家庭を大切にする人が多い

結婚は急かしませんが、結婚後はその家庭を大切にする人が多いことも特徴です。

家族をとても大切にし、仕事は定時で終わり、家族との団らんを大切にします。休日は家族との時間をしっかりとるなど、社会的に家族を優先することを受け入れられていることも、その理由の1つかもしれません。


情熱的で、素直に気持ちを伝えてくれるクロアチア人、私たち日本人にとってはとてもうらやましいカップルと言えるかもしれませんね。クロアチア人の恋愛観・結婚観として参考にしてみてください。

クロアチア人の見た目とスタイル

東ヨーロッパの1つ、クロアチア。東欧というとみなさんはどんな人たちを想像しますか?それでは、クロアチア人の顔やスタイルなど外見的な特徴・傾向を見ていきましょう。

アドリア海らしい美男美女

クロアチアを含め、もともとこの地域は南スラブ民族の土地でした。しかし中世以前よりオスマントルコやハンガリー・オーストリアなど様々な国の支配下に置かれたことにより、民族の混血が進み、結果今日では男性も女性も、ハーフ特有の美しい顔立ちの人が増えたと言われています。

「アドリア海らしい」と足したのは、ゲルマン民族とは違い肌の色がやや黄色~茶色の人が多いためです。イタリアやスペイン人のような、やや日焼けをして健康的に見える人が多いのも、アドリア海周辺の特徴と言えます。

抜群のスタイル

実にヨーロッパの人たちのイメージそのまま、スラッと長身で長い手足と、健康的なスタイル、そして小さい顔が特徴的です。

我々日本人が憧れるスタイルのクロアチア人は、街中で本当によく目にすることができます。

ちなみに、クロアチア出身のモデルは世界で多数活躍しています。

また男性も女性も健康的な体系が異性にモテるので、筋トレ(筋力トレーニング)をしている若者も少なくありません。

男性は胸板と上腕、女性はメリハリのあるボディが人気です。「相手によく見られたい」とするプライドの高さも、健康志向以外の理由の1つかもしれませんね。

茶色の瞳と髪色

先にも書きましたが、この辺は昔から西はドイツ系から南はトルコ系の混血が進んだ場所でした。

ハンガリーやオーストリアまではゲルマン民族系のブロンド・ブルーアイの人たちが目立ちますが、スロベニア~クロアチアの地域以降では茶色の瞳・髪色の人が増える傾向があります。

はっきりした顔立ち

もともとのスラブ人の特徴を受け継ぎ、男女ともに掘りが深く、はっきりとした端正な顔立ちをしている人が多いです。

しかし、瞳や髪の色が明るめの人が多いためか、スペイン人ほどの強い顔の印象はないというのも特徴かもしれません。まさに、変幻自在なモデル向きの顔と言えるかもしれませんね。


「民族同士の混血が進んだため」というのは、昔から国境を常に行き来してきたクロアチアならではの特徴とも言えそうです。

また、ヨーロッパ連合に加盟後には国境も自由に行き来できるようになり、人々の移動はさらに進んでいるため、今後はまた違った特徴が見え始めてくるかもしれません。

クロアチア人やクロアチアハーフの有名人・芸能人

クロアチア出身の芸能人や有名人と聞いて、すぐに思い浮かぶ人はなかなかいないのではないでしょうか?

ここではクロアチア出身の有名人や芸能人を紹介しますので、クロアチア人の性格や外見の特徴として参考にしてみると面白いと思います。

ゴラン・ヴィシュニック

ゴラン・ヴィシュニックさんはクロアチアのシベニク出身(旧ユーゴスラビア)で、1990年代の旧ユーゴスラビアの内戦を経験した後にザグレブ(クロアチアの現首都)で演技を学び、1997年にハリウッドへ渡米した俳優さんです。

イケメンで高身長・スタイル抜群のゴランはすぐに世間でも注目を集めました。代表作はアメリカでも長くシリーズ化されたER(緊急救命室)、本作ではクロアチア人医師ルカ・コバッチュを演じています。

現在はいくつかの動物愛護団体の代表者を担い、また本国クロアチアの医療・ボランティア機関への支援も行っているようです。外見だけではなく、内面もそれに見合った素敵な優しい男性ですね。

ルカ・モドリッチ

ルカ・モドリッチさんは、クロアチアのザダル郊外(旧ユーゴスラビア)出身のプロサッカー選手です。幼少期よりユーゴスラビアの内戦に身を置き、日常に爆撃や銃弾が飛んでくることもあったので、一家は難民として数年間過ごさざるを得なかったと言います。

現在はヨーロッパクラブチームの強豪レアルマドリードに在籍しています。記憶にも新しい2018年のサッカーワールドカップロシア大会では、おしくも決勝戦でフランスに負けてしまったクロアチアでしたが、モドリッチはこの大会で最優秀選手に当たる「ゴールデンボール賞」を授賞しています。

サッカー選手としての活躍以外にも、現在は国連の「世界難民の日」にも参加されているそうです。プライベートでもとても家族想いだというモドリッチの、温かい人柄が伝わってきますね。

マルコ・ポーロ

マルコ・ポーロと言えば、「東方見聞録」の話し手として歴史で名前を聞く有名人ですね。彼もまたクロアチア人だと言われています。

マルコは東方見聞録を通してその時代のヨーロッパの人たちに衝撃を与えただけではなく、その頃大陸を広く支配していた元のクビライハンにも仕えていた過去があり、世界的にとても名の知れた商人でした。

肩書きはベネツィア(イタリア北東部)の商人とされていますが、母親・出生地ともはっきりとした情報は残されておらず、現在はアドリア海に浮かぶクロアチア領の島で生まれたという説が有力とされているようです。

その頃はとても危険とされた大陸を超えた船旅ですが、外の世界への興味が強かったマルコは父の反対を押し切り様々な旅をしました。

クビライハンや幹部周辺にも気に入られていたという話もあり、クロアチア・イタリア人らしい穏やかで人懐っこい気性が彼らに広く受け入れられたのかもしれませんね。


残念ながら、クロアチアと日本人のハーフタレントは見つかりませんでしたが、クロアチア人の有名人や芸能人はクロアチア人を知る上で参考になるのではないでしょうか。

現代のクロアチア出身の芸能人は、共通して旧ユーゴスラビア時代の大変な経験をしている人が多いですね。壮絶な苦労をしながらも大きな成功を収めている、クロアチア人の力強さを感じるところです。

クロアチア人と出会うには

最後にクロアチア人との出会いの方法について紹介します。

クロアチア人に興味を持った方はクロアチア人との出会いを探してみてはいかがでしょうか。クロアチア人を含む外国人の方との出会い方には当サイト(外国人出会い隊)のTOPページで解説している通り、色々な方法があります。

横スクロールできます

マッチングアプリ 英会話 シェアハウス ワーホリ 国際交流会 ナンパ 婚活パーティー
主な目的 出会い 勉強 生活 色々 交流 出会い 出会い
費用(年間) 2~3万円前後 10~30万円前後 100万円前後 50万円前後+α 5千~1万円前後 0円 5千~1万円前後
メリット 気軽に出会える 英語を学べる 共同生活 語学・生活・出会いなどすべての可能性がある 気軽に出会える 気軽に出会える
お金がかからない
真剣な出会い
デメリット 詐欺などの危険性 勉強が主な目的になる 狭いコミュニティ内での出会い とにかく時間が必要 次に繋がりにくい 勇気・度胸が必要 遊び目的の人もいる
出会いやすさ ◎ △ △ ◎ ○ ○ ◎
手軽さ ◎ ○ △ × ○ ◎ ○

参照:外国人出会い隊

この中でも日本に居ながら、そして、自宅に居ながらでもクロアチア人との出会いを探せる方法として当サイトではマッチングアプリをおすすめしています。

マッチングアプリによってはクロアチア人を対象に絞り込み検索をかけることもできるので、ぜひ活用してみてください。

おすすめのアプリは後述していますが自身でしっかり検討し、選びたいときは外国人との出会いに特化し、検索機能や外国人会員数を徹底調査した外国人と出会いやすいマッチングアプリを紹介しているので以下を参考にして下さい。

あわせて読みたい
外国人と出会えるマッチングアプリおすすめランキング
日本で外国人と出会える!マッチングアプリおすすめランキング【2019年版】外国人を探しやすく出会いやすいマッチングアプリをアプリ・サイトの特徴や機能から比較し、ランキングとしてまとめました。ランキングと一緒に比較表や迷ったときのマッチングアプリの選び方を紹介しています。恋活・婚活・海外製などジャンル分けもしているのでマッチングアプリ選びの参考にして下さい。...

その他、初めから対面での出会いを重視したい人は「国際交流パーティー」「婚活パーティー」に参加してみるのもおすすめです。

特に婚活パーティーは恋愛や異性との出会いを目的とした人に出会える場所なのでお互いの目的がマッチしており、気が合う人と出会えれば恋愛にも発展しやすくなります。

外国人との出会いを目的としたパーティーを開催している婚活パーティーもあるのでぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
婚活パーティー・お見合いパーティー
外国人と出会える婚活・お見合いパーティー特集!おすすめの婚活アプリ・サイトは?お見合いパーティーや婚活イベントで外国人と出会えるのか?ネット婚活とは違い直接顔を見合わせて出会えるお見合いパーティーで外国人と出会う方法やコツ、外国人と出会えるおすすめの婚活パーティーや婚活イベントに参加できるおすすめの婚活サイト・婚活アプリを紹介します。...
外国人と出会えるマッチングアプリ

外国人検索機能と外国人会員数の多い、外国人と出会いやすいおすすめのマッチングアプリです。今気になっている外国の方との出会いを探してみるのもおすすめです。

アイちゃん
アイちゃん
ランキングについては「外国人と出会える!マッチングアプリおすすめランキング」でさらに詳細に比較解説しているので合わせて読んでみてください。
1位:match.com(マッチドットコム)
マッチドットコム
世界5大陸、25ヶ国でサービスを展開する世界最大級の恋愛マッチングサイトで日本をはじめ海外に多くの会員が在籍しています。現在は国籍検索や出身地検索が使えなくなりましたが人種検索などから外国人を絞り込むことが可能です。この他にはない人種・瞳の色・髪の色・信仰などから検索をかけられる面白いマッチングサイトです。海外で外国人の恋人や友達を探したい人に特におすすめです。
外国人検索機能 キーワード検索、瞳の色検索、髪の色検索、人種検索、言語検索、信仰検索
外国人会員数 外国人男性:2000人以上、外国人女性:1500人以上

match.comはカウントが2000人までなので多くの外国人会員がいます

マッチドットコムの公式サイトマッチドットコムまとめ

2位:Pairs(ペアーズ)
ペアーズ
累計会員数800万人を超える日本最大級の恋愛マッチングサイトです。恋活ジャンルの中では最も名の知れたマッチングアプリかもしれません。外国人検索はザックリと海外から絞り込めたり、詳細に国名を絞れたり、かゆいところに手が届くあたりはさすがです。外国人会員数も多く、日本全国どこでも出会いの見つかる恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外+国名、居住地:海外+国名、フリーワード検索
外国人会員数 外国人男性:39500人以上、外国人女性:13500人以上

ペアーズの公式サイトペアーズまとめ

3位:with(ウィズ)
ウィズ
withはメンタリストのDaigoさん監修のマッチングアプリで、メンタリズムを活かした診断やイベントが面白く相性を重視した出会いが期待できるマッチングアプリです。ザックリとですが外国人を海外から絞り込め、フリーワードでプロフィール検索も可能な機能的にも外国人会員数的にも外国人を探しやすく出会いやすい恋活マッチングアプリです。
外国人検索機能 出身地:海外、居住地:海外、フリーワード検索(※男性有料)
外国人会員数 外国人男性:6500人以上、外国人女性:2500人以上

withの公式サイトwithまとめ